起業に失敗したくない、ヒントやアイデアが欲しい女性の為のビジネス相談・アメブロ集客コンサルタント

三重県津市生まれ。

現在、白金台在住。

前職はネット通販の仕事で、6名で年商1億2千万円売ってました。

17歳からDJをやったり、モデルをやったり、トヨタ自動車のサイトでライターをやったりもしてきました。

現在は、年間200本の映画を観て、500冊の本を読んで、ほぼ毎日、女性起業家の為にアメブロでのブログ集客や起業についての個別コンサルをやっています。

記事一覧(35)

講座や資格を売るのは本業が儲かってない証

講座や資格を売るのは本業が儲かってない証です。本業に忙しい人は、講座をやる暇がありません。講座をやろうと思ったら、準備や何やらで、けっこうな時間を取られます。講座をたくさんやるということは、それだけ本業にお客さんが来ていないということです。パーソナルスタイリストの講座を売っている人は多いです。それだけ、本業にお客さんがいないということです。今の時代、コーディネートは、ネットですぐに見れます。Googleの画像検索や、インスタグラムで検索すれば、一瞬で山のように出てきます。しかも、無料です。「スニーカー 白 コーデ」と検索すれば、それで事足りるのです。そんな時代に、わざわざお金を払って、コーディネートのアドバイスをしてほしい。ショッピング同行をしてほしい。という人が、一体どれだけいるのか。商売として考えると、そこが大事です。 パーソナルスタイリストの講座を売っている人から、素直な意見を聞きました。自分のお客さんはいないけど、パーソナルスタイリストになりたいという人はいる。だから、講座を売るしかない、と。このやり方では、いずれ必ず行き詰まります。ということを本人が一番よく分かっています。だから、余計にツラいのです。整理収納アドバイザーも、同じ状況になっています。資格を売ってます。本屋に行けば、片付け本はたくさんあります。片付け本を、片付けないといけないくらい、選択肢は多いです。整理収納アドバイザーになって、本を出せる人はごく一部です。しかも、その人同士でも、熾烈な競争があります。それ以外の人は、ほとんど儲かりません。部屋を片付けようと思えば、本を一冊読めば済みます。1,000円前後です。やる気のある人はそうするし、やる気のない人は、そもそも片付けようとは思いません。片付け方を学びたい人はごく少数なのに。片付け方を教えたい人は、たくさんいます。だから、講座や資格を売っているのです。 例としてあげた仕事の他にも、講座や資格を売っている業種はいっぱいあります。全て、本業としては儲かっていません。いくら資格を取っても、それだけではやっていけません。それを分かっているのに売っているから、タチが悪いなと思います。要するに「カモ」にされているのです。ということに、早く気付きましょう。→個別コンサルの詳細

女は「群れたがる」というのは本当か?

女の人って、小さい頃から群れたがる傾向があるじゃないですか。一緒にトイレに行ったり、お弁当を一緒に食べたり、グループを作って常に一緒にいたり。そのノリを大人になっても引きずって、ずっと群れてる人がいますが。私の個人的見解では、女性の大半は、本当は群れるのが嫌いだと思います。 ・人と一緒にいると疲れる ・団体行動が苦手 ・本当は一人が好き ・女同士のしがらみとか面倒くさい ・ママ友と付き合いたくない ・LINEのグループとかやめてぇ〜! そういう人、めちゃくちゃ多いです。個別コンサルに来る人は、私のスタンスを理解している人がほとんどなので。自然にそういう人が集まってくるというのもありますが。それを差し引いても、群れるのが嫌いとか苦手という女性は、世の中には想像以上に多いと思います。 さんざん飲み会で、楽しそうにしていたのに。駅で一人になった瞬間に、「はぁ〜」とため息をつく。さっきまで、女子会でたわいもないおしゃべりで、盛り上がっていたのに。家に帰ってきた瞬間、「やっぱり一人は落ち着くなぁ〜」と、思わずつぶやく。LINEのグループを見つめながら、「面倒くさいなぁ〜」と何度も思う。そんな経験、あなたにもあると思います。ということはですよ。女の人って、本当は群れるのが嫌だとか苦手なのに。「仕方なく群れている」というケースが非常に多いということです。そりゃ、ストレス溜まりますよね。女の人の世界って、すごく狭くて。みんなといえば「周り3人」なんですよ。みんながこう言っているといっても、その3人が言ってるだけです。みんながこう思っているといっても、その3人が思っているだけです。だから、その世界が「全て」だと、勝手に思い込んでるんですけど。世の中は、もっと広いです。外に目を向ければ、本当に色んな人がいます。ということは、その3人にこだわる必要なんて全くありません。気が合わないとか、何か違うなと思ったら。どんどん他の世界に足を踏み入れた方が良いです。大丈夫。その3人に嫌われても、あなたと気の合う人は、その何倍も何十倍もいます。まだ出会ってないだけで。ということを知っている人は、群れなくても済みますよ。→個別コンサルの詳細

自分にブランドが無い人ほどブランドに頼りたがる

自分にブランドが無い人ほど、ブランドに頼りたがります。全身をブランド服で固めたり、セルフブランディングに熱心だったり。自分にブランドが無いということは、自分が一番よく分かっているので。そのコンプレックスの裏返しとして、やたらブランドに執着します。人の服装を見て、「それ、どこのブランド?」と聞く人には、こういう人が多いです。服装のカタチや色、素材や着こなしではなく。どこのブランドか。それは高級品なのか。いくらだったのか。そういうところにしか、興味がありません。だから、こういう聞き方になるのです。 ブランドのデザイナーになればなるほど、普段は地味でシンプルな服装をしています。ぱっと見で、どこのブランドか分かるような着こなしはしません。ブランドのロゴを、わざわざ外して着る人もいます。その人自身にブランドがあれば、そういうことが平気でできるようになります。パリコレに毎年参加している日本人の有名ヘアデザイナーは、服に全く興味がないと言っていました。パリコレに参加するような有名ブランドのヘアデザインをしながら、本人は無地の安いTシャツを着ていました。自分の仕事は、自分がおしゃれになることではない。いかに服とショーに合ったヘアデザインを作ることができるか。それが、自分の役割だと、はっきり言っていました。こういうスタンスで仕事をしているから、それがブランドになって、毎年、仕事の依頼が来るのです。 ブランドというのは、着飾ることではありません。高級品に興味を持つことでもありません。その人自身に、身に付くものです。それが分かっていたら、高級品を身にまとったり、高い時計やアクセサリーをジャラジャラつけることはありません。それが一番、ブランドからは遠ざかる行為です。あなたも、自分自身にブランド力をつけたかったら。まずは、目の前の仕事をきっちりやりましょう。ブランドは、そこからスタートします。→個別コンサルの詳細

友達を増やしたければレベルを下げればいい

友達を増やすのは簡単です。レベルを下げればいいのです。世の中には、レベルの高い人とレベルの低い人に分かれます。比率でいうと、常に「1:9」です。レベルの低い人の方が圧倒的に多いので。そこに合わせれば、友達は簡単に増えていきます。起業塾に来る人は、レベルの低い人です。本気で起業したい人なら、そんなところに来ずに、自分で調べてさっさとやってます。そこまでの気持ちがないから、起業塾に来るのです。起業仲間を探しに来てます。みんな一緒に成功しようとしています。その時点で、かなりレベルが低いです。残酷なようですが、みんな一緒には成功できません。起業塾に行っても、成功できる人はほぼいません。ということは、起業塾では教えてくれません(笑)お茶会に参加する人もレベルが低い人です。情報交換しましょうとか、横の繋がりを作りましょうとか。その時点で、かなりレベルが低いです。ほとんどのお茶会は、ただ雑談して終わりです。ばっちりメイクして、服もわざわざ買って、ホテルのラウンジで、高いアフタヌーンティーセット頼んだのに(笑)それに見合ったものは、何一つ得れません。レベルの高い人は、決してそんなところに参加しません。時間とお金が無駄なので、家で一人でコツコツ勉強しています。アフタヌーンティーセットと同じ金額で、新しい本が3冊買える。それを徹底的に読み込んで、実行に移したら、また成長できる。そういう発想です。 お茶会に参加しても、レベルの低い人にしか出会えません。レベルの低い人同士の会話では、レベルの低い話しか出てきません。だから、雑談しかできないのです。ということは、お茶会の主催者は、決して教えてくれません(笑)友達を増やしたいのか、自分を成長させたいのか。まずは、そこをはっきりさせましょう。もちろん、友達を増やしたいのであれば、それはそれで良いことだと思います。レベルの低い人同士で、仲良くやってください(笑)そういう人生も、きっと楽しいとは思います。成長したいのであれば、レベルの低い人とは決して交わってはいけません。ということは、親や学校の先生は教えてくれません。自分で気付くしかないのです。→個別コンサルの詳細

色んなセミナーや講座をウロウロするのはやめよう

色んなセミナーや講座をウロウロする人がいます。売れない人に多いです。こういう人は、他人を信用していません。だから、他人から信用されません。他にもっと良いセミナーや講座があるんじゃないか?と、キョロキョロしています。そういうスタンスで常にいるので、どれも「本気」ではありません。本気じゃないので、集中力もありません。話を聞いていても上の空だし、質問も的外れだし、平気で失礼なことを言います。教える側は、そういうところに敏感です。すぐに察知します。ということに、本人は気付いていません。 自分のところに本気で来てくれた人には、本気で教えます。ウロウロ・キョロキョロしている人には、適当に教えます。「だって、人間だもの(byみつを)」ロボット相手であれば、それでも構いませんが。人間が人間と向かい合っているのです。感情があります。ウロウロ・キョロキョロする人は、その辺の感性がとてもとても鈍いです。色んな講座に通って、たくさん資格を持っている人がいます。ブログのプロフィール欄に、これでもかというくらいに列挙しています。数は多いのに、どれを見ても、何の資格かよく分かりません。その時点で、この人ダメだなと思います(笑)自分が「これだ!」と思えるものに、まだ出会えてないのです。それに出会う為に、ウロウロ・キョロキョロしていると、本人は思いがちですが。はっきり言って、それは間違いです。本人の中に、しっかりとした「基準や軸」が無い限り、一生ウロウロ・キョロキョロし続けます。で、何も成し遂げることなく、年だけ取っていくのです。冗談抜きで、こういう人は、世の中にとても多いです。あなたの両親や祖父母もそうだったかもしれません。兄弟姉妹や親戚にも、そういう人がいたかもしれません。もしかすると、今、まさしくあなたが、そういう状況かもしれません。そこから抜け出す方法は、たった一つです。まず、自分の基準や軸を作ること。そこから始めましょう。それをしない限り、ウロウロ・キョロキョロし続ける人生で終わってしまいますよ。→個別コンサルの詳細

苦労する人と苦労しない人の違い

苦労する人と苦労しない人の違いについて。苦労する人は、人生には苦労がつきものと思い込んでいます。だから、苦労が次々とやってくるのです。苦労しない人は、人生には苦労が必要ないと思い込んでいます。だから、苦労がやってきません。ひと言でいうと、これだけの違いです。先日、あるサッカー選手が言っていました。「苦労する道と苦労しない道があれば、僕は迷うことなく苦労する道を選びます。」その選手はヨーロッパに挑戦しましたが、いまいち結果を残せなくて、Jリーグに戻ってきました。しかも、古巣ではなく、ライバルに当たるチームに。で、ずっとベンチです。サッカー選手は現役生活が短いです。だから、苦労してる場合じゃないんです。どんどん試合に出て、結果を残し、自分の商品価値を高める必要があります。 世界のトップ選手は、どこのチームに行けば自分が最も活きるか、そればっかり考えています。メッシがバルセロナにいるのは、そこが「一番目立つから」です。あれが、アルゼンチンの小さなクラブだと、そこまで注目されません。苦労したからといって、それが必ず報われる訳ではありません。どちらかというと逆です。苦労すればするほど、感覚が麻痺してきます。苦労に心も体も慣れてきて、それが当たり前だと思うようになるのです。だから、もっと苦労します。苦労の先には、幸せが待っているのではありません。「苦労の先には、更なる苦労が待っているのです。」そのことを、できるだけ早い段階で、知っておいた方が良いです。 親や学校の先生、会社の上司は、若い頃は苦労した方が良いとか、苦労するべきだと言います。そういう人は、自分が若い頃に苦労したから、そう言っているだけです。苦労して成功していないから、思考がその時点で止まっているのです。苦労以外の方法を知らないので、苦労ばっかり押し付けます。本当に成功している人は、苦労していません。楽々、すんなりと、夢を実現しています。でも、それを声を大にして言うと、この国ではバッシングされるので黙っています。もう一度言います。苦労したくなければ、苦労なんてしなくても大丈夫だと思い込むことです。そうすれば、苦労しません。とても簡単な話です。→個別コンサルの詳細

起業するなら「好きなこと」より「勝てること」にしよう

起業したいという人に言っておきます。「好きなこと」では勝てません。女性の好きなことというのは、とにかく似ています。 ・メイク ・ヘアアレンジ ・マッサージ ・コーディネート ・ハンドメイド小物&雑貨 ・料理&ワイン ・恋愛 ・占い だいたい、これのどれかです。どれも既にやり尽くされているし、今から参入しても、競争が激し過ぎます。そこで勝負しても、なかなか勝てません。一度きりの人生です。わざわざ勝ち目のない土俵で、強敵を相手に、勝負をする必要はありません。それより「勝てること」で起業した方が良いです。 ・自分が得意なこと。 ・何の努力もしなくても、他人より圧倒的な成果が出せること。 ・誰かにやってくれと、頻繁に頼まれること。 こういうところに、ヒントがあります。先日、こんな相談をされました。ギャラリースペースを借りて、皮小物を作って、そこで販売したいと。で、今、何か作っているのですか?と聞くと、まだ作っていないとのこと。この時点で、アウトです(笑)皮小物を作るのが好きなのは別に構いませんが。わざわざ場所を借りて、売る必要はありません。ネットで無料で売れるツールが、山のようにあります。それと、売れるほどのレベルでないなら、商売にはなりません。他に色々と話を聞いていると、7年間もアメリカの西海岸で、生活したことがあるとのこと。しかも、何のツテもなく行って、現地でバイトしながら、生活費を稼いでいたそうです。それであれば、以下のようなことが考えられます。 ・海外留学希望者向けのアドバイス ・海外でバイトするのに必要な知識の提供 ・現地で使える「生きた英会話」の講師 ・VISAの申請の仕方 ・アメリカ人と恋愛する方法 ・国際結婚の実態 これらを組み合わせれば、その情報を必要としている人にとっては、「売れる可能性」が出てきます。好きなこと→革細工 勝てること→海外での実体験 こういう違いに気付くと、仕事の幅って、ぐぅ〜んと広がるんですね。ということに、起業したいなら、早く気付きましょうね。→個別コンサルの詳細

起業後すぐに売れる商品の作り方

「起業後すぐに売れる商品の作り方を教えてください」と。個別コンサルに来たお客さんに、かなり無茶な質問をされました(笑)起業に関して相談に来る人は、二つのタイプに分かれます。 ・何をやれば良いか分からない人 ・やってみたけど上手くいかない人 どの段階で相談に来るかで、分かれますが。割合としては、半々でしょうか。どちらのタイプでも、根底には「売れたい」という気持ちがあるので。それぞれのレベルに合わせて、分かりやすく説明しています。まず、売れる商品を作る為には、以下のようなことを、具体的に考える必要があります。 ・何を売るのか ・どこで売るのか ・誰に売るのか ・いくらで売るのか ・どうやって売るのか ここまで全てを真剣に考えている人は、ほぼいません。起業前でも起業後でも。つまり、売れたいと思いながら、自分の商品について、そこまで考えていないのです。あなたが売れない理由は、これ「だけ」です。逆に言うと、これらの項目を、本気で考えたら。売れる確率は、グッと高まります。商売に限ったことではありませんが。他の人がやらないことを、思いっきりやれば。成功「しない方」が、おかしいです。個別コンサルでは、上に挙げたようなことを、何度も何度も聞いていきます。そうすると、どんどん具体的になるんですね。自分が本当に売りたかったのは、どんな商品なのか。誰の為に売りたいのか。どんな人なら買ってくれるのか。それを「確認」する作業です。 起業後すぐに売れるかどうかは分かりません。買うかどうかは、買う側が決めることなので。あなたが起業後すぐかなんて、お客さんには関係のないことです。お客さんは、自分が「欲しい」と思ったタイミングで買います。それがいつになるかは、売る側には分からないし、決めることもできません。すぐに買ってもらおうと思うより、欲しいと思ってもらう方が、はるかに売れる確率は高まります。起業後すぐに、というのは、すぐに買ってもらおうとしすぎです。その気持ちでやってる以上、売れる商品は作れません。ということを、冒頭のお客さんには伝えました。帰る頃には、とても良い表情になっていました。本気で売れたいのなら、本気で考えましょう。その「お手伝い」を、私はやっています。→個別コンサルの詳細

人は、悩み、困りごと、コンプレックスの解消にお金を払う

人は、悩み、困りごと、コンプレックスの解消にお金を払う生き物です。これを理解していると、商売がスムーズに行きます。順に説明しますね。悩みの解消は、私のような相談業を、イメージしてもらえれば分かりやすいと思います。悩みがあるが、それを自力では解決できない。だから、他人に相談しよう。そういう心理が働く為、お金が発生します。困りごとの解消は、医者や弁護士、清掃業者なんかが当てはまります。歯が痛くて困るから、歯医者さんで治してもらおう。離婚の協議をしたいけど、やり方がよく分からないから、弁護士に相談しよう。家がぐちゃぐちゃで手のつけようがないから、清掃業者にお願いしよう。こういう心理が働く為、お金が発生します。最後にコンプレックスの解消ですが、育毛剤や豊胸手術、美容整形なんかが典型的なパターンです。スカルプDというシャンプーは、数年前まで常に、楽天で売上のトップ3に入っていました。ドラッグストアでは買いにくいので、通販で買う人がそれだけ多かったのです。豊胸というキーワードは、検索連動型広告の単価では、ものすごく高いです。ワンクリック数千円の時代もありました。それだけ払っても、業者は儲かるということです。 最後に、おまけとして教えておきますが。「快楽の追求」というのも、お金を払うシーンとしてはあります。ディズニーランドとか、コンサートとか演劇等のエンターテイメント産業。飲食業・風俗産業なんかが、そこに当てはまりますが。それも元を辿っていけば、ストレスの解消だったり、非日常を体験したいという欲求だったりする訳で。結局は、同じことかなと。あなたの仕事が、このどれかに当てはまっているか、もう一度見直してみましょう。そうすると、売れるか売れないか分かります。綿密なマーケティングリサーチより、こういう人間の心理に忠実に考えた方が、よっぽどうまくいきますよ。→個別コンサルの詳細

師匠は、変えても良い

個別コンサルで、日々、色んな人の話を聞いていて、不思議に思うのですが。「師匠」というキーワードがやたらと出てきます。師匠にこう教わった。師匠はこのやり方で成功した。師匠はすごい人だ。落語好きな私にとっては、師匠というキーワード自体は、馴染み深いのですが(笑)その師匠の教え・やり方が正しくて。本当にすごい人なら。その師匠から指導してもらって、売れるようになれば良いじゃないですか。でも、そうじゃなしに。私のところに来ている時点で、その師匠のことは見限ってるか、信頼してないってことでしょ?そういう場合、考えられる可能性としては、以下の三つです。 ・師匠が本当は大したことない ・師匠のショボさに気付いてしまった ・師匠と合わない 師匠選びも、恋愛と同じです。少しでも違和感があった時点で、一気に関係は破綻します。いくら頑張っても、関係性が修復されることはありません。変に律儀な人も多くて、忠誠を誓おうとして、苦しんでいる人も見受けられますが。そういう人こそ、その師匠の元をさっさと離れるべきです。落語の世界と違って、あなたの師匠は、あなたの人生の面倒は見てくれません。師匠の人生ではなく、あなたの人生です。自分で何とかしないと、道は開けません。ショボい人物になればなるほど、自分の弟子を「囲いたがり」ます。実力がないことがバレるのが怖いので、洗脳に近いことをして、必死に説得します。自分の元から、子飼いの弟子が離れていくのを、心の底で常に恐れています。本当に実力のある師匠なら、他の人の意見も、たくさん聞くと良いよと言えます。自分の意見は間違っているかもしれないから、もっと広く見聞を広めなさいと言います。その人のことを、本気で考えているなら。そう言えるはずです。 まとめます。 師匠に違和感があれば、いつでも変えて良いです。あなたの人生です。あなたに選ぶ権利があるし、あなたに決める権利があります。師匠とのことで悩みが出た時点で、その師匠の元は離れましょう。大丈夫。世の中には、師匠は山のようにいます。あなたがまだ、気付いてないだけで。→個別コンサルの詳細

アメブロ内の協会ビジネスの実態

アメブロ内でよく見かける協会ビジネスの実態について書きますね。○○協会とか○○検定とか、○○認定講師とか。めちゃくちゃ多いじゃないですか。あれって、本部の人「しか」儲からないんですけど。その仕組みが分かってない人がとても多いです。ただの素人が勝手に作った資格に対して、講座受けて試験受けて。それに受かったら、あなたは認定講師ですとか、○○検定2級ですとか。で、結局、それでいくら稼げるんだ?という話でね。それが無いと商売できないとか思い込んでるかもしれませんが。そんな資格があろうがなかろうが、関係ないですよ。だって、そもそも、その商売自体に、お客さんいないですからね(笑)グルーデコ協会とか、ブリザードフラワー協会とか、カラーセラピスト講座とか。お客さんはいないけど、資格を取りたがる人が多いから、「協会自体は」成り立つんですよ。受講費も教材費も検定代も入ってくるし。で、資格を取った後にはどうにもならなくなる。気付いたらお茶会とかランチ会ばっかりやってる(笑)そういう人が山のようにいます。「うわぁ~私のこと言われてるぅ~!」って思ったあなた。一度、会いに来てください。目を覚ましてあげます♡→個別コンサルの詳細