女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、起業のサポート、働く女性の仕事の悩みを解決するコンサルタント 笹野健

三重県津市生まれ。現在は白金台在住。

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。10年間で述べ「3,000人」以上の女性の相談に乗り、解決してきました。

ほぼ毎日、女性起業家向けのアメブロ・ブログ・SNS集客や起業のサポート、働く女性の仕事の悩みの相談の個別コンサルをやっています。

記事一覧(89)

2019年こそはブログをきちんとやろうと思っているあなたへ

ブログのコンサルを始めて、もう10年経ちますが。未だにブログに関して、悩んでいる人はたくさんいます。・何を書けばいいか分からない・書くネタが無い・どう使えばいいか分からない・文章を書くのが苦手・アクセスが増えない・問合せや申込みが全く来ない・集客できない・SNS自体が苦手・自分をどう表現していいか分からない・カスタマイズはやった方がいいのか・顔写真は必須なのか・メルマガもやるべきか・・・etc10年経っても、お客様が悩んでいることや質問の内容は同じです。年齢や地域差もありません。20代の人でも50代の人でも、札幌でも東京でも福岡でも、同じことを聞かれます。そんな話を聞きながら、毎回、思うのですが。そもそも、悩んでいる「観点」が、ズレている人が多すぎます。ブログで集客しようと思ったら、以下の三つが必要です。① 売れる商品やサービスを用意する② ブログの正しいやり方を知る③ それを継続するほとんどの人は、① 売れる商品やサービスを用意するが出来ていません。それが出来ていない段階で、いくらブログの書き方を学んでも、集客はできません。だから私の個別コンサルでは、売れる商品やサービスについて、徹底的にお客様と議論します。それをしっかりやった上で、残りの時間を使い、② ブログの正しいやり方を、紙に書いて具体的に教えます。それを③ 継続してもらえれば、売れるようになります。おかげさまで、年末年始から年明けにかけて、たくさんの方から、個別コンサルの依頼を頂いています。ありがとうございます。2019年こそは、本気でブログに取り組もうという人が、それだけ多いということの現れだと思います。もう何年もブログをやっているベテランのあなたも。去年から始めたばかりの初心者のあなたも。今年こそは、一度きちんと学んでみませんか?どこに問題があって、どう対処すればいいのか。それが分かれば、事態は一気に改善しますよ。→個別コンサルの詳細

起業に向いている人と向いていない人の違い

起業に向いている人と向いていない人の違いを一言でいうと。「暇に耐えれるかどうか」だと思います。会社員の時と違い、起業してフリーランスになると、毎日、仕事がある訳ではありません。ほとんどの人は、たまに仕事、ほぼ休みになります。スケジュールが埋まってないと不安、暇な状況に耐えれない。そういう人は、この時点でノイローゼに陥ります。よく考えてみましょう。起業した時点で、すぐに仕事がある訳がありません。どんな人でも、ゼロからのスタートです。前職でどれだけ大きい会社にいても、それは変わりません。お店でも同じです。開店直後は、少しは来てくれますが。少し経てば、驚くほど「ピタッ」と、客足が止まります。そこに耐えれない人が多いので、一年も経たずに閉店するお店が圧倒的に多いのです。私は特に何をするとは決めずに、とりあえず起業しました。二回もニート経験があったので、暇な状況には慣れています。近くの神社に散歩に行ったり、部屋で本を読んだり。ずっと、ブラブラしていました。時間があれば嬉しいタイプです。「よし、これで好きなだけ本が読める」そう思えるメンタリティを持っているのです。今もそんなに変わりません。基本的には、ずっと暇です。労働時間は、日に1〜2時間です。たまに地方で個別コンサルを3本とかやる時がありますが、それでも日に6時間です。最初の会社は1年半、二つ目の会社は3年弱、独立してもう10年です。こうして振り返ってみると、今の働き方というか、時間の使い方が、自分には最も合っているのです。これはもう「向き・不向き」です。どちらが良いとか悪いという話ではありません。会社に管理されて、スケジュールをびっちり埋めた方が、精神的に安定する人もいます。日本人のほとんどは、実はこちらのタイプです。それなのに、無理に起業して、暇に耐えれなくなって、精神が不安定になっていく。それであれば最初から、起業なんてしない方が良いのです。→個別コンサルの詳細

起業の資金の目安を教えてください

「起業の資金の目安を教えてください」と個別コンサルで相談されました。ほぼ、ゼロに近いです。と、回答しました。今は本当に恵まれた時代です。ネット環境がこれだけ整備されて、ありとあらゆるツールが無料で使えます。場所を必要としない仕事であれば、お金はほとんどかかりません。サロンやお店といった、場所を必要とする仕事であれば、少しはかかりますが。お客さんがゼロの状態で、いきなり多額の資金を投入するのは、賢いやり方とはいえません。起業の最初の段階でお金をかければかけるほど、失敗する率は高くなります。そこが「ゴール」になってしまい、すぐに息切れするからです。お客さんが既に確保できていて、それから始めるのであれば問題ありませんが。そんな人は、少数派です。ほとんどの人は、お客さんがゼロで、しばらく売り上げもゼロです。そんな苦しい時期を乗り越えた人だけが、そのまま続けていけるのです。先にお金をかけてしまうと、その分、元を取ってやろうという気持ちが強くなります。売ろう売ろうとしてしまいます。それで、余計にお客さんを逃します。「負のスパイラル」に陥りやすいので、起業当初にお金をかけるのは、あまりおすすめしません。事務所なんて必要ありません。電話もFAXもいりません。名刺もホームページもいりません。仕事上のやり取りは、メールで全て完了します。必要なのは、売れる商品やサービスです。そこが用意できていないのに、お金をかけて、先に備品を揃えるのはやめましょう。お金をかけずにやる方法は、いくらでもあります。あなたはまだそれを知らないので、とりあえずお金をかけようとしているかもしれませんが。それが「最も危険なやり方」です。相談に来てもらえれば、いくらでもアイデアや知恵を授けます。お金をかけなくてもできるやり方や、少しでも売れる要素の多い商売の始め方を、一緒に考えていきましょう。→個別コンサルの詳細

キラキラ系起業女子はどこに消えたのか?

素人でもSNSを使えば本当に集客できるのか?

巷の自己啓発書には、よくこう書かれています。今はどんな人にもチャンスがあります。SNSを使えば、誰でも無料で情報発信が可能です。さぁ今すぐ、あなたも始めてみましょう。物理的には、誰でも無料で始めることは可能です。それは本当の話です。ここから先が肝心です。誰でも使えるもので、集客しようと思えば、その「コンテンツ」が大事です。・誰が言うか・何を言うかこの二つのどちらか、できれば両方あるのが理想です。それが無い人が、いくらやっても集客はできません。そのことをきちんと書いていない本が、あまりにも多すぎる気がします。ブログを始めてみたけど、書くことが何も無い。そんな人はとても多いです。そもそも書くほどのネタをその人は持っていないということです。それであれば、まずは「ネタを集める」ことを、先にやるべきです。youtubeを始めてみたけど、誰も見てくれない。そんな人はとても多いです。そもそも喋るほどのネタと、喋りのスキルを、その人は持っていないということです。それであれば、まずはネタ集めと、喋りのスキルを磨くべきです。インスタグラムを始めてみたけど、思うようにフォロワーが増えない。そんな人はとても多いです。そもそも写真も上手くないし、いいねと言ってもらえるような、日常を送っていないのです。それであれば、インスタグラムなんて無理してやらなくて良いのです。本を書くくらいの人は、何かしらの実績や名声があります。そんな人がSNSを使えば、確かに売れます。ホリエモンがyoutubeで喋れば、見る人はいます。それはホリエモンだからです。素人が喋っても、誰も見ようと思いません。その「大前提」を抜かして、誰でも出来るのに何でやらないの?と言うのは違うなと思います。個別コンサルでよく言うのは、SNSの使い方どうのこうのより、まずは「売れる要素」を作りましょう、ということです。要するに「コンテンツ」の話です。地名度のない素人には、その方法しかありません。SNSを通して有名になった人は、コンテンツが良かったから、有名になれたのです。そのことを忘れてはいけません。大丈夫。売れる要素さえ作れば、素人でも売れるようになります。うちのお客様は、そんな人ばっかりです。それでも見事に、売れるようになりました。次はあなたの番ですよ。→個別コンサルの詳細

色んなセミナーやコンサルを受けても成果が出ないのはなぜか?

「色んなセミナーやコンサルを受けても成果が出ないんです」と。私の元に、相談に来る人は多いです。そういう人は、なぜ成果が出ないのか。ひと言でいうと。抽象的なアドバイスしか受けてないから。これに尽きます。人が話を聞いて腑に落ちるのは、具体的なアドバイスだけです。腑に落ちるから、行動に移せるのです。行動に移せるから、成果が出るのです。女性起業家向けに、あれこれ言っている人の「99%」は、抽象的なアドバイスしかしていません。・ありのままで・キレイなままで・強みを活かして・あなたらしく全て抽象的です。次、そういう人に出会ったら、こう聞いてみると良いです。で、具体的には、どうすれば良いのですか?そこでスラスラ回答が出てきたら、その人は本物です。ほとんどの人がフリーズすると思うので、一度、聞いてみてください。私は、具体的なアドバイス「しか」しません。・文章を書くのが苦手で、写真が得意なら、ブログではなくてインスタグラムを頑張りましょう。インスタグラムから来た人に、通販サイト(BASE)で売りましょう。・その業界で20年の経験があるのなら、今までどんなお客さんがいたかを、事細かにブログに書いていきましょう。・チラシを作って売り込むのではなく、検索してもらって、お客さんの方から来てもらいましょう。・ホームページにお金をかけるなら、サービスの質を上げる為に、実際に他店舗のサービスを受けに行きましょう。・作っている商品のデザインの勉強の為に、絵画や写真を見る機会を増やし、月に一度は美術館に行きましょう。これら全て、個別コンサルの場で、実際に私が言ったアドバイスです。その結果どうなったかというと。アドバイスを受けた人、全員の売上げが上がりました。このように、具体的に言われないと、人は行動できません。今、あなたが通っているセミナーの講師は、具体的に教えてくれますか?聞いている話は、腑に落ちましたか?行動に移すことができましたか?それができていないなら、是非、一度、相談に来てください。具体的な話「だけ」して差し上げます。→女性向け「本音の」独立・起業セミナー2019

起業アドバイザーや起業コンサルタントが激減した理由

起業アドバイザーや起業コンサルタントを名乗っていた人が、最近、激減していることに気付きました。私のブログに読者登録してくれている人もたくさんいたのですが。ざっと見てみると、更新が止まっている人がほとんど。・あなたの起業をサポートします・起業後すぐに月商7桁・好きなことで年商1,000万円威勢のいいことが書いてあるのですが、更新が止まっているということは、もう仕事としてはやっていないのでしょう。お客さんがいなかったんだと思います。そもそも、起業アドバイザーと名乗る本人が、起業して成功していません。それがあっさりと「見抜かれた」のでしょう。仕事としてやっていけるほどの売上は、なかったということです。こういう人は、流行り廃りで仕事を「コロコロ」変えます。起業アドバイザーと名乗る前は、ブログコンサルタントを名乗っていました。どちらも辞めてしまったということは、どちらもお客さんがつかなかったということです。アドバイスを求める際、相手を見極めるのに有効な質問が、二つあります。・その仕事をどのくらいやっているか・お客さんを儲けさせた実績この二つの質問に、すぐに答えることのできる人なら、素直に話を聞いても良いと思います。しどろもどろになるようなら、それ以上、その人の話を聞くのは無駄です。さっさとその場を離れて、違う人を探しましょう。直接、会わなくても、ブログやホームページを見れば、この二つはある程度、把握できます。しっかりとチェックしてから、会うようにすれば「ハズレ」を引く確率は激減します。→女性向け「本音の」独立・起業セミナー2019

起業したいけど仕事や商売として成り立つか不安です

起業はしたい。でも、自分のやりたいことが、仕事や商売として成り立つか、不安で仕方ない。そんな人はとても多いです。家でうじうじ悩んでいても、悩みが大きくなるだけなので、他人にさっさと相談した方が早いです。自分一人では、考えもつかなかったような意見や、違う角度からの物の見方が得れます。それが他人に相談することの最大の「メリット」です。起業の相談に来る人は、大きく二つに分かれます。① やりたいことはあるけど、やり方が分からない人。② やりたいことはあるけど、やった方がいいかどうか分からない人。①の人には、具体的なやり方を教えます。売れる要素があると、伸びる可能性があります。②の人は、やるかどうかで迷っているのです。背中を押してあげたり、可能性を広げてあげたり。場合や状況によって、最善の方法をアドバイスします。どちらの相談者にも、無下に対応することは、決してありません。相談に来る人は、ただでさえ不安なのです。自分がやろうとしていることをバカにされるんじゃないかなと心の中で思っています。そんな人を、更に不安にしてはいけません。「前向き」にする必要があります。希望が持てるように、方向性を示してあげるのが、コンサルタントの役割です。→女性向け「本音の」独立・起業セミナー2019

起業初心者におすすめの仕事の選び方

ほとんどの人は「起業=売れているものを自分もやる」という基準で仕事を選びたがります。既にやっている人がいて、その人が出している本を読んだ、雑誌で見かけた。それを自分でもやってみたい。そういう思考回路です。既に売れているものは、その人の「独壇場」です。こんまりさんは有名になりましたが、整理収納アドバイザーの仕事自体は、そこまで多くありません。その証拠に、彼女は協会を作って、資格を売り出しました。需要がそこまで無いということを、本人が一番よく分かっていたのです。今から参入しても、遅すぎるのと、過当競争になります。結局、儲けることはできません。既に誰かがやっていることを真似ても、第一人者には勝てません。流行っているものを追っている時点で、時代遅れです。こういう人は、その時々でやりたいことがコロコロ変わります。結局、全て中途半端になります。それよりも、あなたが「評価されたこと」を基準に仕事を選んでみましょう。その方が、圧倒的に楽に勝てます。評価されたということは、そこに才能があるということです。才能があるということは、他人の半分の努力で、他人の何倍も成果が出ます。こんな「条件の良い仕事」は、他にありません。それなのに、そこには見向きもしないで、勝てない勝負ばかりしている人が起業初心者には多いです。凄いことでなくても構いません。・声が良いと褒められた・人の話をじっくり聞くのが得意・姿勢が良いほんの些細なことかもしれませんが、どれも仕事になり得ます。声が良いのなら、営業マン向けの話し方を教えてみる。人の話をじっくり聞くのが得意なら、相談業やカウンセラーをやってみる。姿勢が良いのなら、腰痛や肩こりに悩んでいる人向けのインストラクターをやってみる。単発だけでも構いませんが、組み合わせると他の選択肢も出てきます。営業マン向けに、話し方と姿勢のレクチャーをすると、より多くの人の役に立てます。一説には、地球上には、30万種の仕事があるそうです。それだけあれば、あなたが得意とする分野がどこかに必ず存在します。もし無ければ、作れば良いのです。可能性を絞り込むのではなく、逆に広げてみる。起業初心者には、それが何より大事です。→女性向け「本音の」独立・起業セミナー2019

女性が独立開業しやすいおすすめの職種はありますか?

「女性が独立開業しやすいおすすめの職種はありますか?」と、会社員の方に相談されました。この人は、根本的に間違っています。職種に自分を合わせるのではなく、自分一人でやっていけるようになってから、独立開業するのが正解です。始めやすい、稼ぎやすいという職種は、多くの人がやりたがります。既に、もうやっています。競争が激しくなり、価格競争になります。そうなると、資本力のある大手が勝ちます。やりたくて仕方がない仕事がある。多くの人にその才能を認められて、自分でやった方が良いと判断して独立する。それならまだ分かります。始めやすい仕事だから独立する。そんな人から買ってくれる人は滅多にいません。私の起業に対してのスタンスは、昔から一貫しています。・やりたい人はやれば良いし、やる必要のない人はやらなくて良い。・やる人は放っておいても勝手にやるし、やるかどうするか迷うくらいなら、やめておいた方が良い。・本気でやりたい人には、こちらも本気でサポートする。今、起業が流行ってるから、軽い気持ちでやってみようかな。そんな人は、やりたくて仕方ない人には、勝てません。本気度が違うし、そこまで努力も工夫もできません。お客さんは、そういうところを敏感に見抜きます。小さい頃からパンが好きで好きで、北海道の小麦の産地まで行って、ずっとパンのことを研究し続けている人のパン屋さんと。家の近くにパン屋さんが増えてきたから、ちょっと始めてみようと思い、始めてみたパン屋さんと。あなたなら、どちらのパン屋さんに行くでしょうか。起業なんて、無理にやるものではありません。どう考えても、会社員の方が向いている人もいます。日本人は、ほとんどがそういうタイプです。自分にとって合っているのは、どちらなのか。もっと冷静に見極めましょう。自分では見極められないなら、他人に見てもらいましょう。それが一番確実です。→女性向け「本音の」独立・起業セミナー2019