起業に失敗したくない、ヒントやアイデアが欲しい女性の為のビジネス相談・アメブロ集客コンサルタント

記事一覧(23)

起業のどのタイミングで相談するのがベストですか?

 起業のどのタイミングで相談するのがベストですか?と、よく聞かれます。「早ければ早いほど良いです」と、言うのも。何も分からない状態で、いきなり始めてしまい、貴重な時間とお金を失う人が、とても多いからです。プロが客観的に判断すれば、それは絶対に薦めないだろうなということを、一生懸命やっている人が大半です。それを取っても、一向に稼げそうにない資格に、60万円も払っていたり。どう考えても売れない商品に、やたら固執していたり。売り方も集客方法も教えてくれない起業塾に半年間も通っていたり。そういう人が、本当に多いです。会社を辞めようと思っている人が、先日、相談に来ました。仕事がつまらない。上司とソリが合わない、給料も安いし通勤が大変。だから起業したい。えっ?なんで?(笑)ってこちらとしては思うんですけど。そういう思考回路の人が、とても増えてます。仕事がつまらないのは、やっている仕事自体が、その人に合ってないのかもしれません。それは、転職すれば、解決できます。上司とソリが合わないのは、その人自身に問題があるのかもしれません。周りの人に、一度客観的に意見を言ってもらうとか。上司との間に、誤解があるかもしれないので、腹を割って話し合ってみるとか。そういうことで、解決できます。給料が安いなら、給料の高い会社を探せば良いのです。通勤が大変なら、会社の近くに引っ越すか、家の近くで働けるところを探せば良いのです。要するに、解決できる方法は山のようにあるのに。それをせずに、「会社を辞めたい=起業する」が、セットになっている。だから失敗するのです。そういう人は、物事をじっくり考えずに短絡的なのと、周りに影響されやすいので。詐欺に遭いやすいです。そういう人を「カモ」にしている個人や企業が、世の中にはごまんとあります。だから、起業する前に、相談に来るのがベストだと。そう言っているのです。私は、起業に向いてないと思ったら、はっきりそう言います。それが、その人の為だと思うので。これ以上、騙される人を増やしたくありません。一度きりの人生です。楽しく生きたいじゃないですか。時間もお金も、無駄にするのはもったいない。そうしない為にも、悩んでいる人には、早めに相談に来てほしいです。→個別コンサルの詳細

女は群れたがるというのは本当か?

女の人って、小さい頃から群れたがる傾向があるじゃないですか。一緒にトイレに行ったり、お弁当を一緒に食べたり、グループを作って常に一緒にいたり。そのノリを大人になっても引きずって、ずっと群れてる人がいますが。私の個人的見解では、女性の大半は、本当は群れるのが嫌いだと思います。・人と一緒にいると疲れる・団体行動が苦手・本当は一人が好き・女同士のしがらみとか面倒くさい・ママ友と付き合いたくない・LINEのグループとかやめてぇ〜!そういう人、めちゃくちゃ多いです。個別コンサルに来る人は、私のスタンスを理解している人がほとんどなので。自然にそういう人が集まってくるというのもありますが。それを差し引いても、群れるのが嫌いとか苦手という女性は、世の中には想像以上に多いと思います。さんざん飲み会で、楽しそうにしていたのに。駅で一人になった瞬間に、「はぁ〜」とため息をつく。さっきまで、女子会でたわいもないおしゃべりで、盛り上がっていたのに。家に帰ってきた瞬間、「やっぱり一人は落ち着くなぁ〜」と、思わずつぶやく。LINEのグループを見つめながら、「面倒くさいなぁ〜」と何度も思う。そんな経験、あなたにもあると思います。ということはですよ。女の人って、本当は群れるのが嫌だとか苦手なのに。「仕方なく群れている」というケースが非常に多いということです。そりゃ、ストレス溜まりますよね。女の人の世界って、すごく狭くて。みんなといえば「周り3人」なんですよ。みんながこう言っているといっても、その3人が言ってるだけです。みんながこう思っているといっても、その3人が思っているだけです。だから、その世界が「全て」だと、勝手に思い込んでるんですけど。世の中は、もっと広いです。外に目を向ければ、本当に色んな人がいます。ということは、その3人にこだわる必要なんて全くありません。気が合わないとか、何か違うなと思ったら。どんどん他の世界に足を踏み入れた方が良いです。大丈夫。その3人に嫌われても、あなたと気の合う人は、その何倍も何十倍もいます。まだ出会ってないだけで。ということを知っている人は、群れなくても済みますよ。→個別コンサルの詳細

偽装キラキラ女子の実態とむなしさ

「偽装キラキラ女子」というのがいるそうです。本を読んでいて、初めてそんな単語を知りました。    キラキラ女子だけでも、ちょっと笑われてるじゃないですか。キラキラ女子(笑)みたいに、世間の人は思ってるんじゃないかな。それを偽装って。けっこうツラいものがありますよね。なぜ、彼女達がそういう風になるのか、考えてみたんですけど。「自己肯定感がとても低い」ここに集約される気がします。何をやっても満たされない、常に誰かに認めてほしい。そういう気持ちが強いというか。自信が無くて、他人への承認欲求が強い。そんな人が多いです。だから、偽装しちゃうんでしょうね。本当は足立区に住んでいるのに、新宿の高層ホテルのラウンジの写真をインスタグラムに頻繁にアップしたり。普段はコンビニのサラダを好んで買っているのに。恵比寿のサラダ専門店に行った時に何枚も写真を撮っておいて、しょっちゅう行ってるように投稿したり。乗換えでしか使わない銀座を、あたかも自分の街みたいに書いてみたり。見てて痛々しいです。でもね、最もツラいのは「本人」なんですよ。実態は、自分が一番よく分かってるじゃないですか。本当は全然そんなことないのに、背伸びして良いように見せないと、周りは認めてくれないと思い込んでます。そのギャップがあればあるほど、むなしさが募ります。それでもっと背伸びしたくなって、ギャップがどんどん広がって。その差にまた落ち込んで。というように、抜け出せなくなるんですよね。偽装キラキラ女子って、見た目は派手に見えても、根っこは「真面目な人」だと思うんですよ。気も小さいし、打たれ弱いし。そうじゃないと、こんな風にならないでしょ。だからねぇ、エネルギーのかけ方を変えたら、自然と良い方向に行けると思うんですよね。そこに気付かずに、偽装し続けると、自分が苦しいだけですよ。実はもうこんなことやめたいと思っていた。という方からの相談、お待ちしております。→個別コンサルの詳細

起業するのにホームページは必要ですか?

「起業するのにホームページは必要ですか?」って。 個別コンサルの時に、よく聞かれるんですけど。別に、いらないと思います。自分で作れるなら良いですが、お金を払って作ってもらうほどのことではありません。ホームページがあった方が、お客さんからの信頼がどうのこうのとか言う人が多いですけど。そもそもお客さんがいないのに、信頼も何もありません(笑)売れない人に限って、不必要なことに悩みます。それの最たる例がホームページです。あなたがホームページを作っても作らなくても、今の段階ではお客さんはいません。 そのことの方が、よっぽど「問題」です。自分が出来ることでお客さんの悩みをどう解決出来るのか? そこをもっと考えましょう。ホームページは
その後でも間に合います。私も昔はホームページをお金払って作っていましたが。やがて、無料のものに切り替えました。今はもうありません。サイトはいくつか持っていますが、現在進行形で稼働しているのは、ごく少数です。それで充分なのでそうしています。そもそも、あなたの仕事をお客さんに分かってもらうのに。ブログでは出来ないのか?そこをまずは、考えてみましょう。たぶん、どんな仕事でも、ブログの記事が1ページあれば、説明できるはずです。それで説明できない仕事は、相当分かりにくいということなので、その時点で売れません(笑)売れている人のほとんどは、ホームページを持っていません。ブログかインスタグラムで充分です。物販であれば、BASE等の通販サイトがあるので、それを利用すれば事足ります。必要のないことに時間を取られるよりも、本業に力を入れたから、売れるようになったのです。ね?今の時代、ホームページを持つ必要なんて、本当に無いんですよ。ということに、そろそろ気付きましょう。もう平成も30年です。無駄なことはやめて、売れる為にやるべきことに力を注ぎましょう。→個別コンサルの詳細

ブログを何年もやってるのに結果が出ない理由

ブログを何年もやってるのに結果が出ない人がいます。理由は一つです。「やり方を、間違えている」のです。物事の成果というのは、次の公式で現せます。「正しいやり方×かけた時間=成果」。やり方の部分が間違えていたら、そこは「0」です。だから、いくら時間をかけても、成果は出ません。0×10=0です。一方、やり方が正しければ、時間をかけなくても成果は出ます。10×2=20です。時間を5分の1に減らしても、正しいやり方であれば、成果は「20倍」になります。やり方を間違えている人は、やたらと時間をかけたがります。それは単なる「自己満足」に過ぎません。思いを込めてとか、たった一人の為にとか。読む側は、そんなこと気にしてません(笑)読者登録1,000人しても、あなたのアクセスは増えないし、仕事も来ません。間違ったやり方で、一日に何本も記事を書いても、あなたのアクセスは増えないし、仕事も来ません。やり方が間違っている限り、いくら時間をかけても、成果は出ないのです。そのことに、早く気付いた方が良いです。うちのお客さんには、時間をかけずにブログを書く方法を教えています。ネットの知識なんて無くても、誰でも簡単にできます。パソコン持ってなくても、スマだけで簡単にできます。それでも充分に成果が出るのです。そんなやり方を教えている人は、私以外にいません。色んな人のコンサルを受けた方にこう言われました。「笹野さん以外の人は、全員、同じことを言ってました。笹野さんだけ違いました。で、その通りにやってみると、一発で売れるようになりました。今まで何だったんでしょう?(笑)」


いまだに間違ったやり方を頑なに信じてやり続け、成果が出ないと嘆いている人が一向に減りません。そういう人の為に、私は日々コンサルをやっています。まだまだ、うちのお客さん、増えそうですね(笑)いつでも相談に来てください。白金台で待ってます。→個別コンサルの詳細

ブログの記事に画像は必要ですか?

ブログの記事に画像は必要ですか?ってたまに聞かれるんですけど。別に、いらないと思います。写真があった方が、にぎやかで楽しい感じが出ると、教えられたと。そう思う人もいるかもしれませんが。にぎやかで楽しい感じが出ないと売れないのなら。その商売は「長く続かない」と思います(笑) 確かに、写真で見せた方が、分かりやすい時もあるでしょう。そういう時は、使っても良いとは思うんですけど。必ずしも、使わないといけないということは、決してありません。よく見かけるのが、イメージ画像みたいなやつね。天使の画像とか、きれいな景色とか。本文と全く関係ないし、別に無くても誰も困らないのに。ブログには画像を入れないといけないという間違った「固定観念」のせいで。書いている本人は、毎日必死に画像を探しています。インスタグラムみたいに、「写真ベース」のツールであれば、分かります。あれは写真を探すものです。探している写真がある。それを載せているアカウントがある。それをきっかけに、コミュニケーションが取れる。そういうものです。が、ブログは「文字ベース」です。探している情報がある。それを書いているブログがある。それをきっかけに、コミュニケーションが取れる。そういうものです。 私は写真を、めったに使いません。それでも困りません。私のブログを探して、読んでくれている人が「欲しい情報」を文字でしっかり書いているから。画像を探すだけでも一苦労です。 写真の加工とか面倒な作業に時間取られたくありません。あなたもそうでしょ? もっと楽に書ける方法を、知りたくないですか?私の個別コンサルを受けて、売れるようになった人はブログ記事に画像とかほとんど載せてません。それよりもっと大事なことがあると、個別コンサルで学んだら、もうそんなことはやってられません。そうすると、どんどん売れていきますよ。次は、あなたの番です。→個別コンサルの詳細

ブログを続けるのが難しい人に教えたい簡単なコツ

ブログを続けるのが難しいと言う人は多いですが。簡単なコツさえつかめば、出来るようになりますよ。プロの文章って、要約すると、二つのことしか書いていません。①著者の主張②実例本当にこれだけなんですよ、どんな本でも。比率としては、①が1割、②が9割。小説は別にして、実用書やビジネス書、エッセイは全てこのパターンです。私は以前、ライターをやっていたことがあり、今でもトヨタのサイトに文章が載っていますが。その時からずっと、この書き方で書いています。で、① 著者の主張って、そこまで長くありません。というより、そんなに長く書けません。主張だけで書こうとすると、すぐに「息切れ」します。言いたいことが長いということは。言いたいことがまとまってないということ。そういう人の本は、全体的にとっ散らかっているので、中身が頭に入ってきません。逆に、言いたいことが
短い人はまとまってます。文字数も少ないです。で、② 実例ですが。こちらはいくらでも書けます。自分が見た、聞いた、体験したことをそのまま書けば良い訳で。普通に生活しているだけでも注意深く観察していると、書くネタはいくらでもあります。エッセイのほとんどは、これで書いてます。エッセイストだから、作家だからといって、特別な日常ではありません。あなたと変わらない平凡な毎日です。その中から、どう物事を見て、いかに表現するか。そこを考え尽くしているから、書くことで仕事ができるのです。多作家と呼ばれる人は全員② 実例の活用がうまいです。① 著者の主張は一つしかありませんが、実例を100通りの表現で書けます。本をたくさん読んだり、映画をたくさん観ていると、実例がいっぱい出てきます。近所を散歩するだけで、実例に出会えます。旅に出ると、それこそ「ネタだらけ」です。そういうことに時間を使うと、書くことがいっぱい出てきます。私のブログも、同じ構成で10年間書き続けています。主張していることは大きく分けて三つくらいです。 ① 群れるのはやめよう② 商売するならよく考えてやろう③ 分からないならいつでも聞きにおいで これを、言い方を変えて、10年間ずっと書いているだけです。このコツが分かれば、あなたもいくらでも書けますよ。文章なんて、下手でも構いません。伝われば大丈夫です。→個別コンサルの詳細

文章力を上げてもブログ集客はできない

文章力を上げてもブログ集客はできません。先日、お客さんに、以下のようなことを聞かれました。「ブログから集客する為に、文章力を上げましょうと、あるコンサルタントに指導されました。 その通りにやったのですが、結局、全く集客できません。どこが間違っているのでしょうか?」という質問でした。ブログ集客を謳っている人の中に、こういう指導をしている人が、とても多いようです。テクニック、言葉使い、リズム等。文章力を、しっかり学びましょうと。あのさぁ。そもそもクリックすらされてないのに。 文章力だけ上げてどうするの?って思うんですよ。いくら文章が上手くても、読んでもらえなかったら、何の意味もありません。お客さんは、あなたの文章を、読みたい訳じゃないんですよ。あなたのファンでもないんですよ。上手い文章が読みたいなら、プロの作家の本を読めば、それで事足ります。そんなことより、自分の悩みを解決したいし、困りごとを解消したいのです。その情報を得たり、方法を知る為に、ネットで検索するんです。そこをまずは考えないと、いくら文章力を上げても、ブログから集客できません。という当たり前のことを、きちんと理解して、教えている人が、世の中に少なすぎます。ブログの文章なんて、普通に意味が伝われば、それで充分です。上手くなる必要はありません。文章力を上げるより、お客さんがどんなことに悩んでいて、どんな言葉で検索するか。 そこをきちんと考えてやらないと、いつまでも成果は出ません。ということを、個別コンサルでは、一人一人に合わせて、より具体的に教えています。本当に、誰でも出来ます。パソコン持ってなくても、スマホだけで出来ます。ネットの知識もいりません。余計な費用もかかりません。 それでも充分に、ブログから集客できるようになります。いつでも聞きに来てくださいね。白金台で待ってます。→個別コンサルの詳細

あなたのブログの反応率を簡単に上げる方法

あなたのブログの反応率を簡単に上げる方法について。個別コンサルでもよく聞かれるんですよ。どこが悪いんですか?とか、何をやれば良いんですか?とか。そんな同じようなことばっかり聞かれて、こっちはもうウンザリしてるんですけど(笑)仕事だから、きちんと答えます。ひと言でいうと。反応が取れるブログと反応が取れないブログの違いは・・・「具体的かどうか」 これに尽きます。反応が取れないブログって、どこまで「抽象的」なんですよ。ブログタイトルも記事タイトルも本文も。だから何書いてるか分からないし、クリックしようがないんですよね。当然、検索にも引っかかりません。本人は一生懸命書いてるつもりかもしれませんが。それではいつまで経っても、反応は取れません。一方、反応が取れるブログは、どこまでも「具体的」です。パッと見で、何が書かれてあるか、分かります。検索にも引っかかりやすいです。クリックもしやすいです。その辺を意識して書くと、あなたのブログもかなり変わってきますよ。そのやり方を、まだ知らないだけで。 やり方さえ学べば、すぐに出来るようになります。ほとんどの人が、記事のタイトルを漠然とつけてます。「今日も良い天気ですね」みたいに。それをですね。「東京都港区の桜の開花状況」のように。具体的にすると、読まれる率が一気に上がります。 「東京 桜 開花」とか、「港区 桜 開花状況」とかで、検索する人はたくさんいます。桜の情報を求めている人なら、それは自分に関係することなので、クリックする「理由」があります。こういうことを知っているかどうかで、ブログの反応率は大きく変わってきます。場合によっては、 一年後には「10倍以上」の差がつきます。これ、本当の話。差をつけたい人には、聞きに来てくれてば、「もっともっと」教えますんで。いつでも聞きに来てください。白金台で待ってます。→個別コンサルの詳細

ブログタイトルにローマ字を使うのはやめよう

ブログタイトルにローマ字を使うのはやめましょう。なぜかというと。日本人って、脳の構造上、ローマ字は一瞬で判別できないんですよ。ひらがなとカタカナと漢字とローマ字を並べれば。どれが最も「視認性」が良いか、すぐに分かります。・しろかねだい  ・シロカネダイ  ・白金台  ・shirokanedaiほらね(笑)Nail SalonとかPremierとか、付けてる人が多いですけど。読めないんですよね、どうしても。 ○→ネイルサロン×→Nail Salonだから、きちんと分かる言葉で
書きましょうね。まぁ、それにしても、おかしなブログタイトルばっかりですね。読者登録してくれている人のブログタイトルをざっと見てみても。もはや何語か分からない人が、たくさんいます(笑)ブログタイトルって、適当につけてる人がほとんどですが。サイトでいうと、メインのサイトタイトルに該当します。つまり、お店の看板ということ。そこに、訳の分からない言葉を入れても、誰も反応してくれません。ラーメン屋さんが看板出すのに、「あなたの為の愛され麺」とか書かないじゃないですか(笑)「幸せナビゲーターが作る最強の一杯」とか、書かないじゃないですか(笑)そんなお店、めちゃめちゃ怖いし、誰も近寄らないよ思うんですよ。でもね。ブログだと、よく見かけるでしょ?愛されとか、素敵なあなたとか、癒しのサポートとか。だから、そういうブログタイトルをつける人って、自らお客さんを遠ざけてる訳です。リアルでやらないことは、ネットでもやらない方が良い。これは「鉄則」です。・ブログタイトル・ニックネーム・記事タイトル  こういう「基本的」なことをしっかりやるかどうかで、ブログ集客って変わってきます。逆にいうと、基本的なことさえ知っていれば。後はひたすらやるだけなので。楽なもんです。私は基本的なことしか教えてません。それでも充分に 売れるようになりますよ。ブログ初心者でも商売のド素人でも。いつでも聞きに来てくださいね。白金台で待ってます。→個別コンサルの詳細

ブログで新規客を増やすのに必要なこと

ブログで新規客を増やすのに必要なことについて書いてみます。あなたもブログから集客したいと、悩んでいると思います。個別コンサルでも、よく質問されます。話を聞いていて、いつも思うのですが。ほとんどの人は、根本的な問題に気付いていません。そもそもブログって「検索してもらわないと」なかなか辿り着かないツールなんですよ。TwitterやFacebook、インスタグラムなんかは、フォローしてるとタイムラインが流れてきます。文字や画像が。だからフォロワーが多い人が、勝つゲームです。ブログはそうはいきません。読者登録してもらっても、自動で記事が流れてきません。お客さんに、わざわざ見つけてもら 必要があります。それが、他のツールとの、最大の違いです。ということは、ブログを見てもらおうと思ったら。お客さんが「何と検索するか」を予測する必要があります。それは分かりますよね?それなのに、身内(関係者)しか分からない、専門用語ばっかり書いてるブログが全体の99%なんですね。・ロイヤルブルーのクレイケーキ ・ディプロマ講座 ・ソウタシエ教室こういうの全部、専門用語です。それでは見てもらえなくて当然です。ということに気付かずに、闇雲に頑張るから、成果が出ないんですよ。こういう人は、時間もエネルギーも無駄にしています。やる気はあるのに、非常にもったないです。私の個別コンサルでは、お客さんが検索する言葉を、と〜〜〜っても簡単に見つける方法を教えています。パソコンでもできるし、もちろんスマホのみでも大丈夫。インターネットの知識とか 一切いりません。これを身につければ、5分でブログが書けるようになり、新規客も来るようになります。うちのお客さんで売れるようになった人は、みんな、このやり方です。本当に誰でも出来ます。いつでも聞きに来てください。白金台で待ってます。→個別コンサルの詳細

共感される記事を書けばブログから集客できるようになるのか?

「共感される記事を書けばブログから集客できるようになるのですか?」と、個別コンサルでよく質問されます。女性のブログコンサルタントって、やたらと「共感や親近感」を強調しますよね。女性はそういう生き物だから、ブログにそれを書くべきだと。そう教えているそうです。で、失敗します(笑) 分かりやすく説明しますね。そもそもお客さんは、共感したくて、ブログを見ている訳ではありません。自分の悩みや困りごとを解決したかったり。必要な情報が欲しくて、ネットで検索する訳です。その結果として、あなたのブログが、たまたま見つかった。そういう順序です。最初から共感したくてたまらない人や、親近感を求めて検索する人はいません。あぁ〜共感した〜い!とか、親近感が欲しいよぉ〜!とか、そんな風に言ってる人、見たことないでしょ?(笑)普段、あなたもそんなことは、思ってないはずです。それと、共感や親近感って、あくまで「結果論」です。 見ているうちに、気付いたら共感していた、親近感を覚えていた。そういうものです。で、もっと根本的な話をすると。共感されるような記事や親近感を与える記事を書ける人は、めったにいません。そこを目指して出来たら、大したものです。文章レベルは、すぐには上がりません。 読み書きすらまともにできない人に、そんな高いハードルを課しても、出来る訳がないのです。まとめます。・お客さんは共感や親近感をそもそも求めていない。・共感や親近感を与えるレベルの記事を、素人が書くのは相当難しい。ね?分かった?共感される記事なんて、目指さなくて良いし、それでお客さんは増えません。私は、共感や親近感なんて、個別コンサルの場では、絶対に言いません。 ド素人でも出来るような、再現性の高い、簡単なことしか教えません。それでも売れるようにします。 それが「プロの仕事」だと思っているので。→個別コンサルの詳細