ブログを続けるのが難しい人に教えたい簡単なコツ

ブログを続けるのが難しいと言う人は多いですが。簡単なコツさえつかめば、出来るようになりますよ。プロの文章って、要約すると、二つのことしか書いていません。

①著者の主張

②実例

本当にこれだけなんですよ、どんな本でも。比率としては、①が1割、②が9割。小説は別にして、実用書やビジネス書、エッセイは全てこのパターンです。私は以前、ライターをやっていたことがあり、今でもトヨタのサイトに文章が載っていますが。その時からずっと、この書き方で書いています。で、① 著者の主張って、そこまで長くありません。というより、そんなに長く書けません。主張だけで書こうとすると、すぐに「息切れ」します。


言いたいことが長いということは。言いたいことがまとまってないということ。そういう人の本は、全体的にとっ散らかっているので、中身が頭に入ってきません。逆に、言いたいことが 短い人はまとまってます。文字数も少ないです。


で、② 実例ですが。こちらはいくらでも書けます。自分が見た、聞いた、体験したことをそのまま書けば良い訳で。普通に生活しているだけでも注意深く観察していると、書くネタはいくらでもあります。エッセイのほとんどは、これで書いてます。エッセイストだから、作家だからといって、特別な日常ではありません。あなたと変わらない平凡な毎日です。その中から、どう物事を見て、いかに表現するか。そこを考え尽くしているから、書くことで仕事ができるのです。


多作家と呼ばれる人は全員② 実例の活用がうまいです。① 著者の主張は一つしかありませんが、実例を100通りの表現で書けます。本をたくさん読んだり、映画をたくさん観ていると、実例がいっぱい出てきます。近所を散歩するだけで、実例に出会えます。旅に出ると、それこそ「ネタだらけ」です。そういうことに時間を使うと、書くことがいっぱい出てきます。


私のブログも、同じ構成で10年間書き続けています。主張していることは大きく分けて三つくらいです。 

① 群れるのはやめよう

② 商売するならよく考えてやろう

③ 分からないならいつでも聞きにおいで 

これを、言い方を変えて、10年間ずっと書いているだけです。このコツが分かれば、あなたもいくらでも書けますよ。文章なんて、下手でも構いません。伝われば大丈夫です。

→個別コンサルの詳細

0コメント

  • 1000 / 1000