師匠は、変えても良い

個別コンサルで、日々、色んな人の話を聞いていて、不思議に思うのですが。「師匠」というキーワードがやたらと出てきます。師匠にこう教わった。師匠はこのやり方で成功した。師匠はすごい人だ。落語好きな私にとっては、師匠というキーワード自体は、馴染み深いのですが(笑)その師匠の教え・やり方が正しくて。本当にすごい人なら。その師匠から指導してもらって、売れるようになれば良いじゃないですか。でも、そうじゃなしに。私のところに来ている時点で、その師匠のことは見限ってるか、信頼してないってことでしょ?そういう場合、考えられる可能性としては、以下の三つです。

・師匠が本当は大したことない

・師匠のショボさに気付いてしまった

・師匠と合わない

師匠選びも、恋愛と同じです。少しでも違和感があった時点で、一気に関係は破綻します。いくら頑張っても、関係性が修復されることはありません。変に律儀な人も多くて、忠誠を誓おうとして、苦しんでいる人も見受けられますが。そういう人こそ、その師匠の元をさっさと離れるべきです。落語の世界と違って、あなたの師匠は、あなたの人生の面倒は見てくれません。師匠の人生ではなく、あなたの人生です。自分で何とかしないと、道は開けません。ショボい人物になればなるほど、自分の弟子を「囲いたがり」ます。実力がないことがバレるのが怖いので、洗脳に近いことをして、必死に説得します。自分の元から、子飼いの弟子が離れていくのを、心の底で常に恐れています。本当に実力のある師匠なら、他の人の意見も、たくさん聞くと良いよと言えます。自分の意見は間違っているかもしれないから、もっと広く見聞を広めなさいと言います。その人のことを、本気で考えているなら。そう言えるはずです。

まとめます。

師匠に違和感があれば、いつでも変えて良いです。あなたの人生です。あなたに選ぶ権利があるし、あなたに決める権利があります。師匠とのことで悩みが出た時点で、その師匠の元は離れましょう。大丈夫。世の中には、師匠は山のようにいます。あなたがまだ、気付いてないだけで。

→個別コンサルの詳細

0コメント

  • 1000 / 1000