人は、悩み、困りごと、コンプレックスの解消にお金を払う

人は、悩み、困りごと、コンプレックスの解消にお金を払う生き物です。これを理解していると、商売がスムーズに行きます。順に説明しますね。悩みの解消は、私のような相談業を、イメージしてもらえれば分かりやすいと思います。悩みがあるが、それを自力では解決できない。だから、他人に相談しよう。そういう心理が働く為、お金が発生します。困りごとの解消は、医者や弁護士、清掃業者なんかが当てはまります。歯が痛くて困るから、歯医者さんで治してもらおう。離婚の協議をしたいけど、やり方がよく分からないから、弁護士に相談しよう。家がぐちゃぐちゃで手のつけようがないから、清掃業者にお願いしよう。こういう心理が働く為、お金が発生します。最後にコンプレックスの解消ですが、育毛剤や豊胸手術、美容整形なんかが典型的なパターンです。スカルプDというシャンプーは、数年前まで常に、楽天で売上のトップ3に入っていました。ドラッグストアでは買いにくいので、通販で買う人がそれだけ多かったのです。豊胸というキーワードは、検索連動型広告の単価では、ものすごく高いです。ワンクリック数千円の時代もありました。それだけ払っても、業者は儲かるということです。

最後に、おまけとして教えておきますが。「快楽の追求」というのも、お金を払うシーンとしてはあります。ディズニーランドとか、コンサートとか演劇等のエンターテイメント産業。飲食業・風俗産業なんかが、そこに当てはまりますが。それも元を辿っていけば、ストレスの解消だったり、非日常を体験したいという欲求だったりする訳で。結局は、同じことかなと。あなたの仕事が、このどれかに当てはまっているか、もう一度見直してみましょう。そうすると、売れるか売れないか分かります。綿密なマーケティングリサーチより、こういう人間の心理に忠実に考えた方が、よっぽどうまくいきますよ。

→個別コンサルの詳細

0コメント

  • 1000 / 1000