自分にブランドが無い人ほどブランドに頼りたがる

自分にブランドが無い人ほど、ブランドに頼りたがります。全身をブランド服で固めたり、セルフブランディングに熱心だったり。自分にブランドが無いということは、自分が一番よく分かっているので。そのコンプレックスの裏返しとして、やたらブランドに執着します。人の服装を見て、「それ、どこのブランド?」と聞く人には、こういう人が多いです。服装のカタチや色、素材や着こなしではなく。どこのブランドか。それは高級品なのか。いくらだったのか。そういうところにしか、興味がありません。だから、こういう聞き方になるのです。


ブランドのデザイナーになればなるほど、普段は地味でシンプルな服装をしています。ぱっと見で、どこのブランドか分かるような着こなしはしません。ブランドのロゴを、わざわざ外して着る人もいます。その人自身にブランドがあれば、そういうことが平気でできるようになります。パリコレに毎年参加している日本人の有名ヘアデザイナーは、服に全く興味がないと言っていました。パリコレに参加するような有名ブランドのヘアデザインをしながら、本人は無地の安いTシャツを着ていました。自分の仕事は、自分がおしゃれになることではない。いかに服とショーに合ったヘアデザインを作ることができるか。それが、自分の役割だと、はっきり言っていました。こういうスタンスで仕事をしているから、それがブランドになって、毎年、仕事の依頼が来るのです。


ブランドというのは、着飾ることではありません。高級品に興味を持つことでもありません。その人自身に、身に付くものです。それが分かっていたら、高級品を身にまとったり、高い時計やアクセサリーをジャラジャラつけることはありません。それが一番、ブランドからは遠ざかる行為です。あなたも、自分自身にブランド力をつけたかったら。まずは、目の前の仕事をきっちりやりましょう。ブランドは、そこからスタートします。

→個別コンサルの詳細

0コメント

  • 1000 / 1000