ノマドワーカーにおすすめの場所や持ち物はありますか?

「ノマドワーカーにおすすめの場所や持ち物はありますか?」と、ノマドワーカーになりたいという20代の女性に質問されました。そもそも、私自身がノマドワーカーではありません。スタバでMacBookを広げ、パチパチやっている人を、心から軽蔑しているタイプです。なぜ、多くの人のいるところで、堂々とパソコンを広げることができるのか。その感性の鈍さが、全く理解できません。やっている本人は、「仕事ができる人」だと思い込んで、自分に酔っているのかもしれませんが。一定水準以上の人からすると、低レベルの人材にしか見えません。人に見られても大丈夫な、保秘性の低いレベルの仕事か、仕事をしているフリをしているか。どちらかです。


仕事のできる人は、わざわざ外で仕事をしません。仕事をしている姿を、他人に見せることすらしません。「いつ働いてるの?」と、周りからは思われています。そんな人の方が、見えないところで、死ぬほど働いています。「白鳥の湖」と同じです。見せるところは、優雅なところだけで。見せないところで、懸命にもがいているのです。頑張ってます、努力しています、仕事してるんです。それを声に出したり、懸命にアピールする人ほど、仕事はできません。アピールすることに必死で、肝心の仕事の中身が空っぽだからです。ノマドワーカーというのは、その「典型例」です。


カフェにはwi-fiがあるからと、そこにわざわざ出かけるなら、自宅用にwi-fiを買えば良いのです。その方が移動時間も無くなるので、仕事の効率は上がります。カタチから入りたいという気持ちも分かりますが。そうすると、すぐに飽きます。肝心なのは、あなたの実力であり、仕事の内容です。そこを上げる為には、徹底的に無駄を無くし、時間とお金を勉強に費やすべきです。あなたの実力が上がり、晴れてお客さんと対面する時、街中の素敵なカフェを使えば良いのです。

→個別コンサルの詳細

0コメント

  • 1000 / 1000