起業に対する私のスタンスを明確にしておきます

起業に対する私のスタンスを改めて明確にしておきます。「やりたい人はやれば良いし、向いてない人は無理にやるべきではない。但し、やるのであれば、うまくやった方が良い」これが基本的なスタンスです。まず、向いているか、向いていないかです。これは、話を少し聞けば、すぐに分かります。向いていない人には、なぜ向いていないかを、きちんと説明します。むやみやたらに、起業を勧めたりはしません。向いていないことを無理にやっても、不幸になるだけです。そういう人には、他の道を提示します。向いている人にも、なぜ向いているかを、きちんと説明します。どうやったら、よりうまくいくか。そのアドバイスをします。つまり、向いている人も、向いていない人も、どちらの相談にも乗ることができるのです。


自分の中で、迷っている人は多いです。向いているか向いていないか、自分では判断できないのです。そういう人は、他人から客観的に見てもらえば、話は早いです。一瞬で判断できます。何年も迷っていたのに、個別コンサルに来て、たった「5分」で向いてないと判断された人もいます。まず、それだけ迷っている時点で、向いていないということに、本人が気付いてないのです。その人はラッキーです。相談に来なければ、更にもう何年も無駄にするところでした。そこで区切りが付いたので、別の道に進むことが出来て、今はそちらの方で活躍しています。


次回のセミナーでは、初めて独立・起業の話をします。私の実体験を聞いて、「自分はどうかな?」と、判断するのも良いと思います。迷っている人は、是非どうぞ。

→起業したい女性向け「本音の」独立セミナー2019

0コメント

  • 1000 / 1000