お金持ちはなぜ群れたがらないのか?

お金持ちは群れることを嫌います。なぜかというと、大勢の人がいるとその中に、「運の悪い人やマナーの悪い人」が、混じっている確率が高いからです。運の悪い人と一緒にいると、それが伝染して、自分も運が悪くなってしまいます。マナーの悪い人と一緒にいると、場の空気が悪くなります。それを極端に嫌っているので、お金持ちは群れたがらないのです。


お金持ちでも、年中パーティーをしていたり、常に群れている人がいるじゃないかと、思うかもしれませんが。そういうお金持ちは、長続きしません。タダ飯、タダ酒目当てで、集まってくる輩に、心の中でバカにされています。そういう人達を引き留める為に、更に過剰に接待します。やめるにやめれないのです。もちろん、運気はどんどん落ちていきます。最終的には、人もお金も離れていきます。


一人で行動すると、自分のペースで動けるので、ストレスはほぼゼロです。好きなことを、好きなタイミングで、好きなだけ出来ます。二人で行動すると、相手のペースに、合わせる必要があります。どういう相手と付き合うか、考えることになります。時には相手が、ドタキャンすることもあるでしょう。一人の時に比べて、少しストレスが生じやすくなります。10人で行動すると、最低でも1人は遅刻してきます。時間通りに9人が揃っているのに、その1人を待とうと言う人が出てきます。遅れてやってきた人は、悪びれた様子はありません。むしろ開き直って、「先にやっててくれて良かったのに」と、逆ギレしたりします。その時点で、9人中6人の、腸が煮えくり返るのです。みんな顔には出しませんが、当然、雰囲気は悪くなります。楽しむ為に集まったのに、ストレスを抱えて帰ることになるのです。家に着いてからも、遅れたきた人の文句や噂話をLINEで言い続けています。


群れて集団行動をすると、毎回、こういうことが起こります。ストレスは相当なものです。時間もお金も無駄にしています。それを徹底して避ける為に、お金持ちは群れないようにしているのです。よく覚えておきましょう。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000