品のあるお金持ちと品のないお金持ちの違い

お金持ちには、2タイプいます。品のあるお金持ちと品のないお金持ちです。品のあるお金持ちは、自分に自信があるので、お金を持っていることを自慢しません。普段は、地味な格好をしています。お金持ちだとバレても、良いことがないということを、実体験でよく知っているからです。私の家のすぐそばに、お屋敷があります。隣の超高級低層マンションと、高さも敷地面積も同じくらいです。ざっと10億円は超えていると思います。そこのお家のご主人をたまに見かけます。とても地味な方です。ブランド物なんて、一切身に着けていません。電車に乗っていたら、そんなお屋敷の主だなんて、絶対にバレません。そういう人が、この界隈には「ウヨウヨ」います。


品のないお金持ちは、お金を持っているということをとにかく自慢したがります。何千万円もする車や時計を、何度も購入したり。一晩でいくら使ったと、豪語したりします。服装も派手です。ギラギラ系のファッションで、とにかく周りを威圧します。不安だからです。怖いからです。自分に自信がないので、そうしていないと、気持ちが落ち着きません。人より金だと思っているので、やがて、それが周りにバレます。人が離れていくと、お金も離れていきます。それで人間不信になって、ますますお金しか信じれなくなり、更に人が離れていくのです。


品のあるお金持ちは「長続き」します。周りを気持ちよくするので、人が寄ってきます。人が寄ってくるということは、お金も寄ってくるということです。品のないお金持ちは、短期で終わります。一年で一億円稼いで、次の年に二億円の借金を作り、自己破産したりします。稼いだ額は、同じかもしれません。むしろ、暴利を貪るという意味では、品のないお金持ちの方が、稼いでいる額は多い時もあります。それにも関わらず、世間や周囲の人間からの評価は、180度違います。品があるかどうかは、人生という尺度で見ると、とても大切なものです。それが分かっている人が、品のあるお金持ちになれるのです。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000