始めやすい商売は潰れやすい

始めやすい商売は潰れやすいです。始めやすいということは、それだけ参入のハードルが低いということです。ハードルが低い商売には、楽して儲けたいという人が殺到します。やる人が増えれば、当然、ライバルが増えます。ライバルが増えても、需要はそこまで増えないので、結局は「価格競争」になります。価格競争で勝てるのは、資本力のある大手だけです。結果的に、個人でやっているところは、潰れていくのです。


あなたがすぐに始めれるということは、他の人もすぐに始めれるということです。つまり、誰でも始めれるということです。そのような仕事であれば、わざわざあなたに発注する必要はありません。誰から買っても「同じ」なのです。そのことに気付かず、すぐに始められるという理由で、よく分からない資格を取る人が多いです。たった一日で取れる資格には、そこまで価値はありません。他の人も同じように、一日で取れるのです。その資格を使っても、他の人と同じ仕事しかできません。既にやっている人もたくさんいます。得するのは「資格を発行している側だけ」です。


何か始めたいなら、まずはきちんと調べてみることです。起業したいという女性は、それすらしない人が大半です。甘いなと思います。商売というのは、何をやるかを選んだ時点で、既に儲かるか儲からないか決まっています。儲かる商売を選べば、放っておいても儲かります。儲からない商売を選べば、いくら頑張っても儲かりません。その「見極め」を、まずはしましょう。頑張るのはその後で充分です。

→女性向け「本音の」独立・起業セミナー2019

0コメント

  • 1000 / 1000