起業アドバイザーや起業コンサルタントが激減した理由

起業アドバイザーや起業コンサルタントを名乗っていた人が、最近、激減していることに気付きました。私のブログに読者登録してくれている人もたくさんいたのですが。ざっと見てみると、更新が止まっている人がほとんど。

・あなたの起業をサポートします

・起業後すぐに月商7桁

・好きなことで年商1,000万円

威勢のいいことが書いてあるのですが、更新が止まっているということは、もう仕事としてはやっていないのでしょう。お客さんがいなかったんだと思います。


そもそも、起業アドバイザーと名乗る本人が、起業して成功していません。それがあっさりと「見抜かれた」のでしょう。仕事としてやっていけるほどの売上は、なかったということです。こういう人は、流行り廃りで仕事を「コロコロ」変えます。起業アドバイザーと名乗る前は、ブログコンサルタントを名乗っていました。どちらも辞めてしまったということは、どちらもお客さんがつかなかったということです。


アドバイスを求める際、相手を見極めるのに有効な質問が、二つあります。

・その仕事をどのくらいやっているか

・お客さんを儲けさせた実績

この二つの質問に、すぐに答えることのできる人なら、素直に話を聞いても良いと思います。しどろもどろになるようなら、それ以上、その人の話を聞くのは無駄です。さっさとその場を離れて、違う人を探しましょう。直接、会わなくても、ブログやホームページを見れば、この二つはある程度、把握できます。しっかりとチェックしてから、会うようにすれば「ハズレ」を引く確率は激減します。

→女性向け「本音の」独立・起業セミナー2019

0コメント

  • 1000 / 1000