お金持ちになれる人の条件とは?

「お金持ちになれる人の条件って何ですか?」と。個別コンサルで聞かれました。まず最初に言っておきますが。お金持ちになるのに「家柄」は関係ありません。日本のお金持ちを研究した本にもはっきり書いていましたが。ほとんどのお金持ちは、自らが事業を興し、お金持ちになっています。極貧生活から這い上がった人もたくさんいます。海外では身分の差が、生まれつきはっきりしているので。お金持ちはお金持ち、貧乏人は貧乏人のままという場合が、とても多いです。が、日本では、それがありません。その時点で、相当ラッキーです。


で、次に、才能ですが。これもあまり関係ありません。遺伝子レベルでいうと、ヒトというのは「99%」は同じです。たった1%しか違いません。日本には、富裕層と定義される、金融資産1億円以上の家庭が126万世帯もあります。超富裕層と定義される、金融資産5億円以上の家庭が8万世帯もあります。割合でいえば少ないですが、この人達との遺伝子の差は、たった1%です。ということは、自分もそうなれる確率は、かなり高いです。


ここからが本題です。お金持ちになれる人というのは、お金持ちに「なろうとした」人です。お金持ちになろうと思い、お金持ちになる為の、勉強をした人です。お金持ちは、どんな生活を送っているのか。どんなことをやって、どんなことをやらないのか。どういうことを考えて、どういう習慣を持っているのか。そういうことを徹底的に学び、できることからやっていくと、気付いたらお金持ちになっています。嘘のような、本当の話です。


ほとんどの人は、自分はお金持ちになれないと思って、お金持ちになる為の勉強をしません。だから、世の中には、お金持ちが少ないのです。自分もお金持ちになれると思って、徹底的に学べば、誰でもお金持ちになれます。家柄も能力も関係ありません。日本に生まれたなら、身分の差もありません。どこからでも、いつからでも、スタート可能です。ということを理解し、実際に行動に移すと、本当にお金持ちになれますよ。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000