SNSをやらない人はなぜモテるのか?

モテる人は、SNSをやってない率が圧倒的に高いです。それはなぜかなと考えていたんですけど。少し分かってきました。そもそも、私生活が充実してたら、SNSなんてやってる暇がないです。仕事と割り切ってやるならまだ理解出来ますが。目の前のことに一所懸命であればあるほど、スマホを触っている場合ではありません。食べ物の写真を撮るより、目の前のお皿を取ってあげた方が相手は喜びます。スマホの向こう側より、目の前の相手を大事にしないと。人の心は、どんどん離れていくと思います。


それと、薄っぺらい感じがします。SNSに必死になってる人は。○○に感動!とか、出会いに感謝!とか。ハッキリ言って、気持ち悪いです。本気で思ってたら、そんなところに書かずに、直接相手に伝えれば良いのに。その方がよっぽど喜ばれるのになといつも思います。それと、口が軽いなとも思います。誰々とどこに行ったとか。何を食べたとか。いちいち書かれると、こっちのプライバシーは?と、なります。私もよく知らない間に、他人のSNSに写真付きで載っているそうです。それが発覚次第、その人とは縁を切ります。そんな人、信用出来ないので。


まとめると、メリットよりもデメリットの方が、多いです。相手をないがしろにして、薄っぺらさを晒して、信用を無くすだけで。逆にいうと、これらをやらないだけで、勝手に好感度が上がります。今はまだSNSをやっている人が多いですが。近いうちに必ずきます。SNSをやらない人の方が、圧倒的にモテる時代が。私はブログには、仕事のことしか書きません。Twitterやインスタグラムは情報収集の為に見ているだけで自分では一切書きません。Facebookは、もう何年も前にやめました。それで困ったことは、一度もありません。ちなみに、異性に困ったことも、一度もありません。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000