起業女子やりたいこと被りすぎ問題2019

起業女子のやりたいことは、だいたいかぶってます。

・ファッション

・メイク

・美容

・占い

・婚活

・カウンセリング

だいたい、これのうちのどれかです。既にやってる人がいるなら、それはもうやめておこうとは思わずに。誰かがやってるから、自分もやってみよう。そういう思考回路の人が多いです。


よく考えてみてください。既にやっている人というのは、その業界の「第一人者」であったり「売れっ子」です。だからこそ、本を出版していたり、メディアに出ている訳です。その人と全く同じようなことをやっても、その人にはなれません。弟子入りしても、所詮は「二番煎じ」です。それなら第一人者である売れっ子に、仕事を頼みたいと思うのが、お客さんの本音です。


パン屋さんとかならまだ分かります。パンは毎日食べれるし、頻繁に書いに行くものなので、同じようなお店が何軒あっても大丈夫です。が、しかし。整理収納アドバイザーとか、パーソナルスタイリストとか、カラーコーディネイターとかとか。一般的に、そこまで需要がありません。仕事を頼みたい人より、そこに憧れて、よく分からない資格を取らされている人の方が圧倒的に多いです。ということに気付かずに、売れない売れないと嘆いている起業女子が多すぎます。少し考えてみたら、それって「当たり前」のことなんですけど。その少しすら、考えません。


私はいつも言います。ブログがどうとか、ブランディングがどうとかよりも。あなた自身の「商売の可能性」はどうなのか。そこをもっとしっかり考えましょうね、と。だから、夢見る起業女子からは、冷たいと嫌われます。売れないと分かっていても「わぁ〜ステキ〜!」とか「それ絶対、成功する〜♡」とか。嘘でも言ってる人の方が、ウケます。で、売れない不幸な人が、どんどん増えていきます。私は売れたい人や成功したい人を応援したいし、サポートしたいと思って、仕事をしています。そういう人だけ来てください。まさしく、あなたのような人です。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000