週末に副業として起業するのはどう思いますか?

「週末に副業として起業するのはどう思いますか?」と、会社員の方に相談されました。まず、大事なのは、この方の「本業に対しての姿勢」です。本業がつまらない。もう辞めたい。そう思っているのなら、さっさと辞めて、副業にしようとしていることを本業にした方が良いです。嫌々やっても、気持ち的にも張りがないでしょうし、会社にとっても迷惑です。上司とソリが合わないとか、通勤が苦痛で仕方ないとか。それでストレスが溜まって、パンク寸前なら、辞めてもいいと思います。


本業は本業として頑張って、プラスアルファで副業をしたい。こういう思いでやると、どちらも「中途半端」になります。そもそも、副業で何かやりたいという人は、本業の成績がパッとしません。実力が不足しているか、全く評価されていないか、どちらかです。本業がパッとしないから、副業に目が向くのです。もし本業の成績が良くて、評価もしっかりされていたら、副業のことは考えません。


お小遣い稼ぎをしたいという軽い気持ちで言っているのでしょうが。会社から支払われる一万円と、自力で稼ぐ一万円は大きく違います。起業して、月に一万円も稼げない人が、全体の「90%以上」です。その現実をよく知っておかないと、後から大変な目に遭います。


お金を稼ぐのは大変だということを理解する為にやる。それなら分かります。今、手取りで17万円もらっているけど、これだけ稼ごうと思ったら、どれだけの労力が必要か。それを知る為に、売れるものを売ってみよう。こういうスタンスなら、大いにやるべきです。というように、それぞれの立場や状況によって、アドバイスの仕方は変わってきます。今の自分はどういう状況にあるのか。どういうスタンスで仕事に取り組んでいるのか。まずは、そこを「把握」しましょう。それが出来たら自動的に、あなたの取るべき行動は見えてきます。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000