夫婦がセックスレスになる最大の原因はすっぴんとパジャマ

夫婦がセックスレスになる最大の原因は「すっぴんとパジャマ」です。先に言っておきますが、すっぴんに興奮する男はいません。もし、いたとしたら、よっぽどの人物です。まだ恋人同士として付き合ってる時は、外で会うことも多いので、当然、化粧をしています。服もきちっとしています。メイクはばっちりで、服装も気合いが入っています。ネイルも下着も香水も、抜かりありません。そこに男は興奮して、あなたの体を求めてきたのです。


それが、結婚して一緒に住み始めると、すっかり変わってしまいます。当然と言えば当然ですが、すっぴんが普通になります。あれ?眉毛どこいった?という状態や、しみやシワが目立ってきます。つまり、今まで「隠せてきた部分」が隠せなくなってしまうのです。そんな顔で迫られても、男は勃起しません。むしろ、萎えます。


すっぴんがきれいな人は、ごく一部の人だけです。それこそ、インスタグラムにすっぴんの写真をアップしたら、かわいい〜とコメントが数百件ついて、いいねが何千、何万とつく人だけです。それ以外の人には、すっぴんのデメリットはあっても、メリットはありません。


服装もそうです。外出用の服はきちんとしていても、パジャマがジャージだったら、そのギャップで逆に萎えます。さすがに、学生時代の名前入りジャージの人はいないと思いますが。楽だからとか、暖かいからとかという観点で、パジャマを選んでいる人が大半。で、そういう服は、だいたい男受けはしません。美しくないすっぴんと男受けしないパジャマ。「悪魔のコンビ」が、ここに完成するのです。


セックスレスの対処法としては、きちんとメイクして、服も外出用の時にすることです。お風呂に入った後とか、着替えた後は、もうダメだと思ってください。それでは男は興奮しません。「すっぴんの私も愛してよ!」とか、言う人がいますが。それは女のわがままです。そういうこと言いたいのなら、愛せるくらいのすっぴんになってからにしましょう。そうじゃないのに言うと、むなしいだけです。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000