合コンと宝くじに当たりは無い

合コンというのは、効率の悪いものです。ほとんどの場合、タイプの人は来ません。誘ってくれた友達の事前情報によると、期待値は高まりますが。実際に対面してみると、がっかりします。反省会と称して、女同士で飲みに行きます。そこで、来ていた男の、愚痴を言い合います。そこでスカッとするかと思いきや、逆です。余計にむなしくなります。あれだけ期待していた自分に、時間とお金を無駄にしてしまった自分に、また同じことを繰り返してしまった自分に。腹が立ってくるのです。


宝くじは、もっと効率が悪いです。公営ギャンブルの中で、最も還元率が悪いのが、宝くじです。還元率が45,7%なので、例えば1,000円分買ったら、その時点で半分以上は、運営元にお布施をしているようなものです。当たる確率も、桁違いに低いです。それを「ごまかす」為に、高額な当選金が設定されているのです。


合コンに頻繁に行く人と、宝くじを毎回買う人は、同一人物です。当たりが無いと分かっていても「今回こそは」と、期待してしまいます。そこが甘いところなのです。そういう人は、戦略自体を変えた方が、もっとうまくいきます。彼氏が欲しいなら、出会い系アプリという選択肢もあります。アプリであれば、先に写真で顔を確認できるので、会った瞬間に幻滅するという可能性は下げることができます。もちろん、相手からも写真で先に、顔を確認されるので、断られるというリスクは当然あります。が、合コンよりは、効率的に出会えます。


宝くじに当たる確率より、自力でお金持ちになる確率の方が、はるかに高いということに、気付いている人はあまりいません。宝くじは抽選ですが、自力なら何とでもできます。仕事を頑張るとか、お金持ちと出会う工夫をするとか、お金持ちの養子になるとか。考え方によっては、可能性は無限に広がります。しかも、そんなことを考えて、実行に移す人はほぼいません。競争率は低いので、やってみる価値はあります。


このように、ほんの少し頭を使うだけで、他の人とは大きく差がつけれることが、実はけっこう多いのです。成功者というのは、そこに気付いた人のことです。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000