SNSで「感謝」を連発する人の特徴と心理

ブログに限らず、TwitterでもFacebookでもインスタグラムでも。やたらと「感謝」を連発する人がいます。薄っぺらい自己啓発に感化された人と、親友が一人もいないおばさんと、うだつの上がらないおじさんに多いです。出会いに感謝、あなたに感謝、みんなに感謝。何に対しても、感謝、感謝。まるで、感謝の「大安売り」です。


感謝を連発する人は、そもそも書くことが無いのです。書くことが無いから、感謝でスペースを埋めています。とりあえず感謝と書いておけば、非難されることも怒られることもありません。だから、感謝を連発するのです。本当に感謝している人は、相手に直接言います。誰もが見れるSNSでは、決して言いません。相手に失礼だからです。SNSに書いている時点で、「この人はちょっと違うな」と、敬遠されてしまいます。


書いている本人は、そこに気付いていません。良いことをやっているつもりです。そんなことを繰り返しているから、いつまでも親友が出来ないし、うだつの上がらない人生で終わるのです。感謝をすることが、悪いという話ではありません。むしろ良いことです。それをする「場所」を間違えると、いけませんよ、という話です。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000