また、いつか、今度でチャンスを失う

人は、口癖のような、人生を歩みます。「また、いつか、今度」が口癖の人は、いつまで経っても、夢や目標が実現しません。自らの口癖によって「逃げ癖」を、全細胞に染み込ませているからです。


人と会った際、おすすめの映画を、教えてもらったとします。調べたら、ちょうど近くでやっています。この時に、何と言うかです。チャンスを掴む人は「今から見てきます」と言います。照れ臭い人は、家に帰ってから「あの後、観に行きました」と言います。どちらでも構いませんが、おすすめした方は嬉しいです。また教えてあげようと思うので、関係性が継続します。こうすることで、映画のコンシェルジュを、個人的に確保できるのです。


チャンスを逃す人は「今度、観に行きます」と言います。結局、観に行きません。それは相手にバレています。この人におすすめしても、結局、観ないんだと思うと、もう教えてくれません。関係性もそこで途切れます。また飲みに行きましょう。いつかご飯でも。それが実現しないことは、大人ならみんな知っています。つまり、そのフレーズを口にした時点で「この人とはもう会わないな」と、判断されてしまうのです。


誘う時も、具体的に誘うことです。いつかランチに行きましょうでは、いつまで経っても行けません。それよりも、来週か再来週で、どこか空いてませんか?と聞くと「この人は本気なんだな」と思われます。


また、いつか、今度は、うわべの言葉です。軽くて使いやすいですが、相手に本気度は伝わりません。それが口癖の人は、また、いつか、今度グループで、一生を終えます。やりたいことも出来ず、会いたい人にも会えず、何一つ夢や目標は実現しません。


そこから抜け出したければ、まずは口癖を変えることです。今から行きましょう。すぐにやります。明日、会いませんか?こんな風に変えれば、あなたの人生も、どんどん変わっていきます。夢や目標が実現するグループでは、これが「当たり前」の話です。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000