好きなことで起業しようというのは半分正解で半分間違い

「好きなことで起業しよう教」が、幅を利かせています。一度しかない人生なのだから、我慢なんてしちゃいけない。せっかくなら、自分の好きなことをやらないともったいない。そういう論調で書かれている本やブログが、山のようにあります。あれは半分正解で、半分間違っています。


確かに、好きなことであれば、やり続けることが出来ます。放っておいても努力します。やりがいもあるでしょう。そういう意味では正しいです。が、本人が好きなことと、そこに才能があることと、それが売れることは、全て「別問題」です。いくら好きでも、才能がなければ売れません。好きで才能があっても、それを欲しいと思う人がいなければ、商売としては成り立ちません。仮に買いたいと思う人がいても、売り手の性格が悪ければ、お客様に嫌われるので、商売として継続はできません。


そのことをきちんと教える人は「好きなことで起業しよう教」には、全くと言っていいほどいません。そんなことを言うと、それを商売にしている本人が、食いっぱぐれるからです。好きなことをやりましょう。(好きなことをやっていると、売れなくても笑っていられるのです)「好きなことで起業しよう教」の、本やブログにはカッコ部分が抜けています。そのことに気付いた人から順に、素敵な人生を歩めるようになっています。

→個別コンサルの詳細はこちら


0コメント

  • 1000 / 1000