努力と思わず努力できることを仕事にしよう

努力というのは、嫌々やると続きません。成果も出ません。楽に継続できて、成果も出やすいのは、自分が努力していると全く感じないことです。それを見つけた人から順に、成功していきます。


一流のプロスポーツ選手は、努力を努力と思っていません。体のメンテナンスや日々の練習、厳しい食事制限を、当たり前のようにこなしています。イチロー選手は、やらなければいけないから、野球をやっているのではありません。やりたくて仕方なくて、野球をやっています。大谷翔平選手は、遊ぶことには目もくれず、野球のことばかり考えています。それが一番楽しいからです。サッカーのカズ選手は、今年で52歳です。自分の息子くらいの年齢の選手と、レギュラーを争っています。生活の全てを、サッカー中心に捉えています。


このように、その分野に才能があり、評価もされていたら、人は放っておいても勝手に努力します。元々の才能があるので、そんな人が更に努力したら、成果は確実に出ます。これをあなたにも当てはめてみましょう。人は、必ず、何かしらの分野において、才能があります。スポーツ選手の場合、それがたまたまスポーツだっただけで、あなたにはあなたに適した分野があります。探すヒントは、二つあります。

・小さい頃に時間を忘れるくらい、没頭していたこと。

・人に褒められたこと。

この二つのうちどちらかが、あなたが才能を発揮できる分野です。それを仕事にすれば、放っておいても努力するようになるので、成果も出やすくなります。


私の仕事は、大きく分けると「書くこと」「話すこと」です。毎日、読書をして、映画を観て、落語を聞いています。全て、好きでやっていることです。努力しているなんて、これっぽっちも思っていません。そこで得たことを、文章として書き、それが分かりやすいと評価されています。話が上手いと褒められます。そうすると、もっとやる気が出ます。こんなことを、もう10年間もやっているのです。今まで一度も、努力はしたことありません。これが、フリーランスとして、仕事を受注し続けるコツです。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000