25歳で「年取った」と言う割に女はそれから60年も生きる

ほとんどの女性は25歳くらいで「年を取った」と言います。自分より若い人を見る度に、もう若くないと言ったり。そろそろ結婚しないと。出産するなら計画的に。そんなことを口走りますが、なんだかんだで、平均で87歳くらいまで生きる。それが女性という生き物です。


ストレスは多く抱えるものの、その「解消法」が上手いのだと思います。立川志の輔の落語のマクラで、泣くのが良い、という話を聞いたことがあります。涙と共に悪いものやストレスが、一緒に流れ出る。女性はよく泣くから、その度にこういう効果がある。だから長生きなのだと。一般的に、妻に先立たれた夫は、すぐにポックリ逝ってしまいます。それに対して、夫に先立たれた妻は、そこから平気で「20〜30年」生きます。そういうことを考えても、やはり女性の方が強いし、生き抜く術を持っているというか、適応力があるのでしょう。


将来が不安で仕方ないとか、もう若くないから早く結婚しないととか、あれこれ悩んでいるあなた。大丈夫です。心配しなくても、まだ60年くらいは生きれます。そう考えると、現在悩んでいることなんて、ほんの些細なことです。そんな風に思えると、悩みは小さくなります。これもある種の「生きる知恵」です。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000