いい女は、声が小さくて、話が短い

いい女は、声が小さくて、話が短いです。いい女の話は、周りも熱心に聞こうとするので。声を張る必要がありません。いい女は、話にオチをつけたり、ボケる必要がないので。最低限の話で済みます。必然的に、話は短くなります。最低限の話をしようと思ったら、普段から脳みそを「フル稼働」していないとなかなか出来ません。脳みそをフル稼働すると、見た目が引き締まってきます。ここでも差がつきます。


そうじゃない女は、声が大きくて、話が長いです。じゃない女は、ただでさえ、見た目でハンデを負っているのに。声が大きいという時点で、更にマイナスです。話が長いという時点で、周りに退屈されるので、もはや「ゲームオーバー」です。そういう人に限って、自分の話を聞いてもらおうとより必死になるので。更に声が大きくなり、話をどんどん盛って、長く長くなります。普段から脳みそを使っていないので、見た目もどんどん劣化していきます。


あなたが人に話を聞いてもらいたければ。声を張らずに、最低限の話をする練習をしましょう。脳みそも常にフル稼働するように意識しましょう。それができるようになると、周りが勝手に聞いてくれるようになります。気付いたら、あなたの見た目も良くなってます。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000