仕事ができる人とできる「風」な人の違い

本当に仕事ができる人は、実体験がきちんとあるので、言っていることが具体的で、説得力があります。質問されたら、実例を示し、分かりやすく説明できます。実績を過度にアピールしません。聞かれたら答えるか、事実を淡々と書いているか。そのどちらかです。


仕事ができる「風」な人は、他人の受け売りばかりです。実体験が伴っていないので、抽象的にしか言えません。説得力もありません。質問されても即答できません。うわべしか理解できていないので、本質的なことが分からないからです。そのコンプレックスを隠そうと、必死にSNSでアピールします。


こういう「判断基準」があると、あなたの周りの人が、本当に仕事のできる人か、できる風な人か見分けがつきます。是非、参考にしてください。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000