ネイルサロンが中国人客を獲得する最善の方法

ネイルサロンをやっている人から、ここ数年、中国人観光客の方から、問い合わせが増えていると聞きました。爆買いよりも、日本の高いレベルのネイルサロンで、自分の爪を美しくしたい。そんな要望が多いそうです。私も中国人ビジネスについて、勉強する為に、数冊の本を読んでみました。


これを読んで分かったのは、スマホ決済に対応しているかどうかが、とても大事だということです。中国本土では、今や、完全にキャッシュレス社会です。現金で支払うという習慣がありません。お店でも屋台でもチップですら、全てスマホ決済です。信用調査の厳しい、クレジットカードは持っていません。持っているのは銀聯ブランドの、デビットカードです。そのことを踏まえて、お店側は対応策を考えましょう。


アリババの電子決済システム、アリペイ。ウィーチャットの電子決済、ウィーチャットペイ。この二つは「必須」です。少し調べるだけで、導入方法も色々と出てきます。良さそうなものを選んで、問い合わせだけでもしてみてください。意外とすんなり導入できると思います。


それと日本のサービスは全体的に、中国人からすると「安すぎる」と、思われています。飲食店もホテルもサロンも。日本人が日本人に売る感覚で値段設定をすると安くなりがちなので。ここは自信を持って、中国人向けの値段を作っても、良いと思います。


言葉ができないから不安だと、言う人もいますが。日常会話くらいなら、すぐに覚えれます。もしくは、片言の英語で会話するとか。翻訳アプリを使って、筆談にするとか。やり方はいくらでもあるし、言語は「慣れ」の方が大事です。


それと団体客より、個人客の方が現時点でも多いし、今後も増えます。一気に大勢を取ろうとするのではなく、まずは一人ずつ丁寧に施術してあげて、満足して帰ってもらう。そのお客様から、広めてもらう。そういうやり方の方が、結果は出やすいと思います。


とりあえず、中国人の消費習慣に関する本を読んで、中国人の「特性」を把握すること。それを踏まえて、自分のお店で何ができるかを、考えてみること。やれることは、すぐにやること。それが中国人のお客様を獲得する為の、最善の方法です。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000