失敗しないお金の上手な使い方

お金に関して相談したいと、40代の主婦の方が、個別コンサルに来られました。節約しているつもりが、全く貯金が出来ないとのこと。使い方を聞いてみると、原因が分かりました。ご主人の仕事は自営業で、収入が多い月もあれば、少ない月もあるそうです。それにも関わらず、毎月、同じようにお金を使っている。それでは一向に貯まりません。お金は、ある時はあるなりに使う。無い時は無い時なりに使う。これが「原則」です。そこさえ守っておけば、破綻したり失敗することは、まずありません。


表参道に買い物に行く時、財布に100万円入っているのと、1万円入っているのとでは、使い方が違うはずです。その時の「状況」が違うからです。そういう場合、人は必ず考えます。行動も変わってきます。それと同じことを、日常レベルですれば良いのです。


収入が多い時はいくらまで、少ない時はいくらまでと、予め決めておきましょう。それを「限度額」にして使いましょう。そうすれば、使い過ぎることもなく、確実に貯めることができます。


小学生でも出来る算数レベルですが、これが出来ない大人が、とても多いのです。恥ずかしがることなく、初歩の初歩レベルから、やっていきましょう。その方が、お金で失敗するより、よっぽどマシです。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000