売るものが無いなら無理に起業しなくていい

日々、起業したいという人の相談に乗っていますが。売るものが特に無いのに、起業したがる人が異常に多いなと、いつも思います。


家の近くに、新しいお店が出来たとします。外観や内装はキラキラ系で、女性っぽい感じです。が、しかし、ショーケースにも棚にも、商品は一切ありません。そんなお店に、あなたは行きたいですか?そんなお店に入っていく勇気があなたにはありますか?という話です。お店に例えて説明すると分かるのに、自分のことになると分からない。そんな人が多いです。


会社員に向いていないから、雇われるのが嫌だから、起業したいと言いますが。働き方は他にも色々とあります。派遣社員もダブルワークも、アルバイトも在宅勤務も、やろうと思えばいくらでもやれます。それを知らないから、すぐに起業と言うのでしょうが。あまりにも世間知らずだなと、側から見ると、そう思ってしまいます。


起業するつもりで相談に来て、自分には売るものが何も無いと知り、派遣社員をやることにして、今は幸せに生きている人がいます。他にも、在宅ワークに切り替えて、育児の負担が減った主婦。転職して収入がアップした会社員。退職を踏み止まった結果、昇進した公務員。色んな例があります。


働き方は一つでありません。無数にあります。起業というのは、その「選択肢の一つ」に過ぎません。起業しなくても、あなたは幸せに生きれます。現時点では、どの方法がベストなのか。一緒に考えていきましょう。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000