インスタグラムで商品が売れた例

インスタグラムを使って、商品を売りたいという方から「インスタで商品は売れますか?」と質問されました。「商品によります」と、答えました。


インスタ映えという言葉の通り、インスタグラムというツールは、写真が命です。パッと見で、良いなと思えるものであれば、売れる可能性はあります。雑貨や小物、アクセサリーなんかは比較的、向いていると思います。写真のセンスを磨けば、可能性が出てきます。パンやケーキも、集客の手段としては、有効だと思います。実際に、私もパン屋さんの写真はよく見ています。


飲食店全体に、最近よく見られる傾向ですが。最初からインスタ映えを狙った商品を作るところが多いです。素材がどうとか、産地がどうとかよりも。いかに、インスタ映えするか。そこを目的に来店する人が多いので、それに合わせているということでしょう。うちのお客様でも、インスタグラムを使って、バンバン売っている人がいます。

① インスタグラムで商品を紹介

② BASEという通販サイトに誘導

③ そこで販売

という手順を、教えただけなんですけど。ものすごく売れました。今は「月に70万円」売れています。


インスタグラムで売れようと思えば、まずは商品力です。これは必須です。次に、インスタ映えするかどうか。これも大事。いくらインスタ映えしても、商品として良くなければ、当然売れないし。商品が良くても、写真を撮った時に地味だったり、分かりにくいものは売れにくいです。


インスタグラムというのは、一つのツール(道具)に過ぎません。絶対にここで売らないといけないということではないし。他にもツールはいくらでもあります。場合によっては、ツールを使わない方が、売れることもあります。


要するに、自分が売ろうとしている商品には、どのツールが最適なのか。そこを「見極める」ということが大事。それが出来ると、無駄な労力を使わなくて済むし、どんどん売れるようになっていきます。自分では分からないので、見極めてほしいという方からのご相談、お待ちしております。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000