プレゼントはあげる方よりもらう方が立場や身分が高い

プレゼントというのは、不思議なものです。あげる方が立場や身分が低く、もらう方が立場や身分が高いです。大昔から、献上品というのがあります。身分の低い商人が、身分の高い殿様へ、食べてもらおうと思って、プレゼントをするのです。その身分が入れ替わることは、末代までありません。


キャバクラ嬢にプレゼントする男は、まだ相手を手に入れていません。何とかして気を惹こうと思い、高価な物をプレゼントします。選ぶのはキャバクラ嬢の方です。プレゼントをあげた客の方が、立場は低いです。選ばれる側だからです。売れっ子のキャバクラ嬢は、そういう男を何人も抱えています。同じものをおねだりして、一つだけ使ってるように見せかけて、残りは質屋に売りに行きます。そういうことを、延々と繰り返し、いかにお金を引っ張るかです。ここでもやはり、立場が入れ替わることはありません。


カップルでも、プレゼントをすればするほど、立場は低くなります。相手をつけ上がらせます。付き合いが長くなると「もらって当たり前」と思われます。感謝も感動も薄れるのです。高価な指輪をあげると、それを付けているかどうか、常にチェックすることになります。付けていないと、怒ります。相手への執着が過ぎて、最終的にはストーカーになります。


私は成人してからずっと、彼女が途切れたことがありませんが、高価なプレゼントなんて、一度もしたことありません。もらうことはあっても、あげることはほぼありません。誕生日に、相手が好きなものを食べに行く程度です。クリスマスプレゼントには興味ないし、バレンタインのお返しなんて、考えたこともありません。そういうことが好きで、もらうことばかり考えている人とは、付き合わないと決めています。それで困ったことは、一度もありません。


プレゼントは、あげるものではなく、もらうもの。そうした方が、相対的に立場は上になります。よく覚えておきましょう。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000