口が固いというのは最強のブランド

口が固いというだけで、周りからは信用されます。誰にも言えない秘密も打ち明けてもらえます。そうすると、勝手に情報が集まってきます。人は皆、悩みを抱えていて、誰かに相談したい生き物です。但し、相談する相手は、慎重に選びます。誰でも良いという訳ではありません。出来るなら、親身に話を聞いてくれて、他に口外しなくて、的確なアドバイスをくれそうな人に相談したいと思っています。その時に、真っ先に選ばれるのが、他に口外しない人です。


現代において、最も「口が軽い」のは、SNSにすぐに投稿する人です。住んでいる場所も、行った場所も、食べているものも、一緒にいる人もすべて「筒抜け」です。そんな人に、秘密を打ち明ける訳にはいきません。すぐに周りにバレてしまうからです。


私はSNSをやっていませんが、第三者に「昨日、恵比寿にいた?」と、言われることがあります。なぜ知っているのか聞くと、一緒にいた人が、勝手に写真を撮って、SNSに投稿していたのです。こういうことが、よく起こります。映画の「何者」でいうと、隆良(岡田将生)です。そこにいる人の写真を勝手に撮って、上から目線のコメント付きで、勝手に投稿したことにより、周りとギクシャクします。


スパイやマフィアの世界では、口が軽いとすぐに命を落とします。情報が全てなので、うっかり口を滑らせると、真っ先に「処分」されます。そこまで大袈裟でなくても、身の回りにも口の軽い人は、大勢います。街中で大声で、携帯で話している人です。取引先や同じ会社の人と話しているのだと思いますが。機密情報が「ダダ漏れ」です。ここだけの話や、まだどこにも出ていない情報というのを、私は何度も聞いたことがあります。聞こうとしなくても、声が大きいので、勝手に聞こえてくるのです。こういう人とは、絶対に取引したくないなと思います。


仕事でもプライベートでも、相手に信頼してもらいたければ、口が固いというのは「必須条件」です。そのくらい口の固さというのは、最強のブランドなのです。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000