失敗してノウハウを溜めて、それで食べていこう

失敗をたくさんすると、ノウハウが溜まります。結果的に、それで食べていけるようになります。現代に多いのは、失敗が怖い人です。失敗を恐れて、何もしようとしません。失敗したということは、挑戦したということです。挑戦しないと、失敗も成功もしません。失敗したら、次は失敗しないように、違うやり方を試せば良いのです。それを繰り返すうちに、コツが分かってきます。次はこうやってみよう、こんな方法はどうだろう。やればやるほど、成功に近付きます。これがノウハウが溜まるということです。


挑戦しない限り、ノウハウは溜まりません。失敗はしませんが、成功もしません。安全なところにいるだけで、それ以上も以下もありません。たった一回の挑戦で、いきなり成功するのは難しいです。ボーリングに行って、いきなりストライクは出ません。野球を初めてやって、第一打席でホームランを打つのは、並大抵のことではありません。釣りに行って、第一投で大物を釣るのは、ほぼ不可能です。このように、他のことでは理解できるのに、仕事になると理解できない人が多いです。


私のブログには、6,000記事以上あります。それだけ挑戦しているということです。試行錯誤して溜めたノウハウを、惜しみなく提供しています。他のSNSは一切やらなくても、それだけでもう10年間食べていけてます。コツコツ挑戦し続けると、特別なことをやらなくても、充分にやっていけるのです。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000