上から目線で批判や評論ばかりしている人の末路

何かにつけて、上から目線で、批判や評論ばかりしている人は、うだつの上がらない人生で終わります。あんなことは、自分も考えていた。このくらいなら、自分でもできる。あのサービスは大したことない。こんなことを言う人は、結局、何も成し遂げられません。口先ばかりで、何もやらないからです。


いつも混んでいる、外苑前のカニ料理専門店で、ランチをしていた時のことです。真横の席の男性が、連れの男性に熱弁をふるっていました。Twitterはどうだ、メルカリはどうだ、SHOWROOMはどうだ。おそらくIT関係の仕事をしているのでしょう。いかにも知ってますという感じで、ビックリするくらい上から目線で、それぞれを批評・批判していました。連れの男性は、一応、話は合わせていますが、完全に引いてます。そんなことはお構いなしに、その人は話し続けていました。声が大きいので、丸聞こえでしたが、気持ちの良い話ではありませんでした。


帰り際に、顔をチラッと見てみました。どう見ても冴えない、30歳前後の人でした。髪はボサボサで、服装もダサく、肌ツヤも悪かったです。普段から、批判グセがついているのか、顔が少し歪んでいました。おそらくこの人は、そこら中でこんなことをやらかしています。ということは、人がどんどん離れていきます。天才的なエンジニアであれば、話は別ですが。どんなサービスでも、周りの人の協力なしでは、成り立ちません。人が離れていく人は、大したことはできません。自分一人で出来ることなんて、しれているからです。


成功者やお金持ちは、上から目線で一方的に、他人を批判しません。本音では分かりませんが。少なくとも、人前では絶対に言いません。そんなことを大声で言っても、プラスになることは何一つ無いと、よく知っているからです。どんな商売でも、どんな分野でも。人間関係の上に成り立っています。人に嫌われるようなことをやると、即アウトです。これだけは、覚えておきましょう。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000