ワイドショーに出てる人は豊かになり見てる人は貧しくなる

ワイドショーをずっと見ている人は、いずれ貧しくなります。ワイドショーというのは、基本的に各局が同じことをやります。情報源は新聞や週刊誌、最近ではTwitterが多いです。つまり「誰もが知っていること」を、延々と話しています。そんなものをいくら見ても、情報としては価値がありません。あなたが知っていることは、隣の人も知っています。それなら、別にあなたから聞かなくても問題はないのです。


それとワイドショーは、人の噂話が多いです。不正や不倫、事故、事件を扱います。ハッピーなことより、ネガティブなことの方が、圧倒的に多いです。その方が視聴率が取れるからです。つまり、そんなものをずっと見ていると、確実に人相が悪くなります。疑い深くなり、他人の噂が「大好物」になります。何かネタはないか、常に探し求めるようになります。それが顔に出てくるのでどんどん人が離れていきます。そうすると、連動してお金も離れていきます。


いまだかつて、ワイドショーが好きなお金持ちに、出会ったことがありません。お金持ちは、人の噂話やネガティブなニュースをわざわざ見ません。見ても仕方ないし、それよりも楽しいことがあると、知っているからです。ワイドショーに出ている人は、豊かになれます。帯番組の司会者になれば、かなりのものです。仮にギャラが1本100万円として、週に5本で500万円です。月に2,000万円です。一年やると、それだけで2億4,000万円です。日本全国どこの居酒屋に行っても、ミヤネ屋をやっています。沖縄でも札幌でも、見たことがあります。宮根さんはあの番組のギャラだけでも、相当なお金持ちになれています。


ワイドショーが好きな人は、それを見るだけで、膨大な時間を使っています。その時間でせっせと噂好きになり、人相をどんどん悪くしています。それがいかに愚かなことか、本人は気付いていません。そういう「習慣」で生きているからです。他人に指摘してもらうか、本人が意識して気付かない限り、貧しくなる一方です。せめて、これを読んだあなただけは、そんな風にはならないでください。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000