婚活に熱心な人は増えたのに婚姻率は上がっていない

25歳を過ぎたあたりから、女性は婚活、婚活と言いますが。そんなに熱心な割には、婚姻率は一向に上がりません。結婚して、自分が得ることしか考えていません。だから、うまくいかないのです。


結婚というのは、一人では出来ません。まずは相手がいないと出来ないし、お互いの家族も巻き込みます。「この人!」と決めることから始まり、相手にも同じように思ってもらい、両家の家族にも納得してもらって、ということが必要です。ものすごく「面倒なこと」です。そんな大変なことなのに、自分が結婚したいからという理由だけでいくら頑張っても身は結びません。綿密な計画と実行力、根回しが必要です。そこまで出来る人は、なかなかいません。


いくら用意周到に計画しても、その通りにはならないことが多いし、だいたいは途中で挫折します。家族にいくら根回しをしても、いきなり意見が変わることもよくあります。よくもまぁ、そんなに大変なことに、貴重な時間を使うなと。男は「冷めた目で」見ています。そこに女性は気付いていません。女性というのは、何かに夢中になると、周りが見えなくなります。恋は盲目と言いますが。男に対してではなく、結婚というものに対して、盲目的になっている人が、あまりにも多いでのす。


今後も婚活ブームは、緩やかに続くと思いますが。婚姻率が上がることも、ないと思います。そもそもの「戦略」を変えないと、いつまでも結婚はできません。大事なのは「現状把握」です。自分の置かれた状況と、相手の状況を、冷静に見極めること。まずはそこから始めましょう。婚活も仕事も同じです。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000