割引するくらいなら、それを定価にしてしまおう

オープン記念価格とか、ご新規さん特典といって、割引する人は多いです。売っている商品やサービスに、自信がないからです。仮に1万円のものを、5千円に割引します。それで売れたということは、お客様はその商品は5千円だと認識しているということです。1万円も払う気はしないけど、5千円ならまぁ良いかという「評価」を、受けたということです。つまり、あなたの商品は、まだ5千円レベルであるということ。その「事実」を、正面から受け止めましょう。


それであれば、最初から5千円で売れば良いのです。マイナスにならないように工夫したり、レベルをコツコツと上げましょう。「これが5千円で買えるの?」と、お客様をビックリさせましょう。そうすると、次は1万円で売れるようになります。


そのレベルに達していなのに、自分のお金儲けばかり考えて、やたらと高額に釣り上げる人がいます。また、そういう風に指導する、三流コンサルタントも多いです。こういう連中は、揃いも揃ってすぐに消えていきます。お客様に嫌われるからです。


買うのはお客様です。お金を払うのもお客様です。それを忘れてはいけません。そこを理解して、ゆっくり積み上げていきましょう。あなたのレベルは、まだまだ低いのです。焦る必要はありません。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000