ブログには上手い文章なんて書く必要なはい

上手い文章を求められるのは、文章のプロだけです。あなたは文章のプロではないので、上手い文章を書く必要はありません。本屋さんに行くと、文章の書き方の本が、たくさん並んでいます。9割以上が、正しくて上手い文章を書く本です。それは、ほとんどの人には必要のないことです。そこに気付かず、正しくて上手い文章を書こうと、みんな必死になっています。


読まれるのは、上手い文章よりも、分かりやすい文章です。読みやすい文章です。感じの良い文章です。そこを学んだ方が、ブログでは有効です。上手い文章は、読んでいてもよく分かりません。上手いなと思うだけです。それでは人の心は動きません。心が動かない限り、行動にも移りません。それでは「一円」にもなりません。


簡潔で分かりやすく、読みやすい文章なら、また読もうかなと思います。その時点で、読み手の心が動いています。心が動けば、行動に結び付きます。そうすると、商品やサービスを買ってもらえます。


素人が上手く書こうとしても、良い結果は出ません。ぎこちない文章になって、読みにくくなるだけです。そんな難しいことをしなくても、もっと簡単に簡潔に書けば良いのです。普段、LINEでやっているように。その方が、読み手にはよっぽど「親切」です。

→個別コンサルの詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000